電磁波の対策を

近年、電磁波による人体や胎児への影響が注目されています。電磁波の影響について、み...



スカルプケアでリラックス!

あなたは、スカルプケア していますか? スカルプケアと言う言葉、最近よく目にする...



化粧品から薬並みのステロイドが!

通販で販売されている商品は、十分気を付けて!! もちろん、通販で販売されている商...



地球温暖化で腎結石患者増えるの?

地球温暖化の影響がどんどん広がってきていますが、 テキサス大が予測するところによ...



<メタボ健診>はやくも混乱か?

<メタボ健診>自治体の6割が「見直しを」1割は「廃止を」 今年の4月から始まった...



トランス脂肪酸を禁止へ!

「トランス脂肪酸を禁止」 これは、米、カリフォルニア州での話ですが、 私たちに...



住民税還付、全国で200万人該当

今。住民税の還付が行われているのを知っていますか? 平成19年から、地方分権を進...



「熱中症」屋内でも多発!

蒸し暑くなると多くなるのが熱中症です。 最近は、地球温暖化や都市部の気温が高く...



汗の臭いに効果的な入浴の仕方と食事

7月になると、身体は暑さを調節するためにたくさんの汗をかきますね。汗をかいたらこまめにハンカチやタオル、汗拭きシートなどで拭き取るようにし、身体を清潔に保ち、臭いを出さないようにすることが肝心です。体臭予防に有効な入浴の仕方は、湯船につかって汗をかくという方法です。



松山千春さんの不安定狭心症とは?

不安定狭心症は、冠動脈の血管は狭くなっているほかにプラークが破裂しやすく、血栓ができやすい不安定な状態で、心筋梗塞に近い状態です。実際に、約1/3が心筋梗塞に移行すると言われています。不安定狭心症は、入院して心筋梗塞と同じような管理が必要です。



女性の水虫が急増!

水虫とはかゆいもの、というイメージがありますが、趾間型、角化型、小水疱型など 症例はさまざまで、中にはかゆみを引き起こさないものもあるのです。



災害発生時には「災害用伝言板サービス」を

地震の時は、被災地の家族や友人の安否確認のために携帯電話をしたいのですが、被災地域には平常時の数十倍に上る通話が殺到するためつながりにくくなってしまいます。そこで、利用したいのが「災害用伝言板サービス」携帯電話で自分の安否情報を登録すれば、ネットで確認できる伝言板です。



睡眠時にカラダがビクッ?!

入眠時に起こるカラダのビクつきは『睡眠時ひきつけ』、専門家の間では『スリープスターツ』とも呼ばれるもので、性別、年齢にあまり関係なく、60〜70%の人に起こるといわれています。



「銀で除菌」に効果なし?!

小林製薬が「銀イオンで除菌する」とうたって販売した製品には実際の効果がないことがわかり、公正取引委員会は12日、同社に排除命令を出した。



ビタミンB群が心疾患を抑制する?!

心疾患は日本人の死亡原因ではがんに次いで第2位。平成18年の死亡者は約18万人も...



ティッシュ、2割値上げに?!

最近はいろんなものの値上げが次々に発表されて、家計を圧迫してきました。 同じ金...



疲労回復に「点滴バー」が登場!

疲れがとれないとき、あなたはどうしていますか? ゆっくり休養がとれるときはいいの...



一体、お風呂で何してる?女性の長風呂の謎

おもしろいコラムを見つけました。 女性はなぜ?長風呂か?一体、お風呂で何をして...



今年も暑い夏になりそう

昨日は孫を連れて動物園に行って来ましたが、さわやかでいい季候でした。 幼稚園や保...



ガムをかむと一時的に記憶向上?

ガムを噛むと一時的ですが、記憶力が向上することが証明されたそうです。



ダイエットうつに気をつけて

挨拶の最初に、「今日も暑いですね!」になってきました。 日中は、もう半袖でもい...



ごみ減装(へらそう)商品購入を

今日は私の地区の可燃ゴミの日です。火・金と週2日ありますが、ゴミの日に出されるゴ...



手足口病に冷静な対応を

手足口病という病気をご存じですか? 名前の通り、手のひらや足の裏、口腔内の発疹...



成人の百日ぜきが急増中?!

成人の百日せきが急増中。乳幼児の病気とされていた百日咳の約4割が成人。長く続く発作性の咳が特徴。乳幼児は三種混合ワクチンを行います。



ジェネリック医薬品 処方せん様式変更 

風邪を引いたようで、のどが痛く、病院に行って来ました。 薬を処方してもらったので...



体脂肪率10%「東山紀之」 驚異の体型維持の秘密とは?

ジャニーズの人気グループ「少年隊」の東山紀之さんが、雑誌「Tarzan」で肉体...



味覚障害が子供たちにも急増中?!

今の日本人の食生活を見ていると、偏食やジャンクフォードの多食、またダイエットに...



藤田まことさん 食道がんのため6月の舞台「剣客商売」を降板

俳優の藤田まことさんが、食道がんのため、6月の明治座(東京)公演「剣客商売」を降...



筋力強化で「ゆがみ」取り

人はどんなところで年齢を感じさせるのでしょうか? パッと目に付くのは、髪の毛で...



ガソリンの買いだめは危険!!

ガソリン税の暫定税率が3月末で一時失効し、4月からガソリン価格が下がっていますね...



受動喫煙、糖尿病リスク8割増!

たばこを吸わない人(非喫煙者)が、他人が吸った「たばこ」の煙を吸わされることを...



メタボを7割の人が誤解?

メタボ健診が、4月1日からスタートしました。 メタボ健診とは、メタボリックシ...



「税金戻ります」還付金詐欺が急増中!

先日、我が家にもかかってきた電話による「振り込め詐欺」。 今、全国規模で急増中...



掃除を楽しくするコツ!

汚れの落とし方がわからない、という声をよく聞きますね。 ダスキンなどのハウスクリ...



脳の疲れをとればメタボにサヨナラできる!?

2008年4月から「メタボリック健診」が始まります。 「メタボリック健診」簡単...



背骨を伸ばし、呼吸を整える

最近、ストレスによる病気が増えていると言われています。 忙しい現代社会に住んで...



ひざ痛は、ゆっくり無理せず 曲げ伸ばし

ひざは歳とともに、痛みやこわばりを感じるところです。 ひどくなると変形性ひざ関節...



花粉症対策グッズが人気!、気分から治療

すっかり、春めいてきました。 スギ花粉の飛散量がピークを迎え、ヒノキの花粉も飛び...



黄砂+ヒノキ花粉で、アレルギー症状がWパンチ!

昔は、春霞は風情があるように思われていましたが、 最近は、霞んでいるのは、「黄砂...



家庭でできるネクタイのしわ伸ばし!

ネクタイの手入れ法 ネクタイはシルクで作られている物が多いですね。 ネクタイは...



パソコン&ケータイの長時間使用は気をつけて!

パソコンや携帯電話は、いまや、生活必需品になっていますね。 でも、どんなに便利...



子供を本好きにさせるには?!

あなたは「読書」が好きですか? 本を読むことで、思考力や想像力が増すと言われて...



骨の老いは運動で防止しましょう

骨の老いは運動で防止しましょう 歳はとりたくないと思ってみても、それは確実にやっ...



寝不足、寝過ぎで生活習慣病に?!

寝不足が肥満に影響していると言うことは今までにも言われてきました。 睡眠不足にな...



“鼻歌”は深層心理の現れ?!

普段、気づくと何気なく歌っている鼻歌。 同じ歌や、同じフレーズばかり歌っているこ...



患者に通じない医学専門用語が736語も!

専門用語って、一般の人には、理解しがたいものが多いですよね。 でも、その専門用...



ペン回しはストレス解消?!

ペンを指でくるくる回す人! あなたの周りにもいますか? ペン回しは、元々は浪人...



酒で憂さ晴らしは逆効果になる?

仕事やプライベートで、むしゃくしゃしたとき、 あなたは、何で憂さを晴らしていま...



はしか!今年も大流行の兆し。

もうすぐ、3月。すぐに、入学、進級のシーズンがやってきます。 新しい門出の人は期...



アレルギー表示、エビ・カニも義務づけ!

最近、マスクをしている人を多く見かけるようになりました。 私の周りにも数名いま...



環境省HPの「黄砂情報」運用開始

春先になると、すぐ近くのビルさえ薄黄色く霞む事がよくあります。 黄砂のせいで、...



私たちにできるCO2削減

2月は省エネ月間です。 「地球温暖化」の緩和のため、私たちに出来るCO2削減を...



脚やせにお風呂タイムを効果的に!

みなさんのお風呂タイムはどれくらいの時間ですか。 痩せたい!とくに下半身痩せに...



花粉症対策に!ハンカチを使ってポケットティッシュカバー!

花粉症対策に!ハンカチを使えば、ポケットティッシュの携帯に便利!! 花粉症の人の...



巨人ファン型うつにご注意!

私の父は仕事熱心で、部下からも信頼の厚い中間管理職でした。 でも、それが災いして...



糖尿病、やせた高齢者もご注意!!

糖尿病と聞くと、太った人がかかりやすい病気とされていますね。 だったら、痩せて...



ネットでニセ薬販売!気をつけて!!

最近は、ほとんどのものがインターネット通販で手に入るようになりました。 中には...



不眠不休は脳にダメージを与える?!

連日の寒波で震え上がっています。 はやく、あのぽかぽかと暖かな春の日差しを浴び...



花粉症対策とストレス

ストレスは花粉症の症状を悪化させる原因の一つです。 ストレスは身体に悪い影響を...



花粉症対策と外出

今年の花粉は例年以上に飛散する恐れがあると言われています。 花粉症の人にとって...



人が動けば雨が降る?!大気汚染

この冬は、私の住む四国では雨が少なく、水不足の傾向にありました。 でも、今年にな...



献血!冬場は足りなくて困っているのに・・・

先日、商店街を歩いていると、献血ルームの前で、 職員の方がプラカードを持ち、献...



顔面認識技術!100%の確率で当たる?!

トラボルタと言えば、数々の名映画を思い出しますが、 今回、最新技術の顔面認識で...



中国製冷凍ギョーザで農薬中毒!!

中国製冷凍ギョーザによる中毒が発覚しました。 原因は農薬?!! もう!なにもかも...



子供用調理器具が親子の交流に効果あると人気!!

2歳半になる孫は、言葉や行動、なんでもママの真似をしています。 先日もアップルパ...



にがり成分「がん治す」 獣医師販売て逮捕

食品偽装問題が世間を騒がせていますが、 機能性食品として塩化マグネシウムの粉末...



長生きの秘訣は夫婦喧嘩?

, あなたは夫婦げんかをしますか? うちはけんからしいけんかをしたことがないので...



C型肝炎ウイルス検査を受診してください。

薬害C型肝炎訴訟が解決して、厚生労働省が17日に フィブリノゲン製剤などの納入...



骨髄バンクドナー登録30万人突破

骨髄バンクとは、白血病などの血液疾患の治療として 造血幹細胞移植(特に「骨髄移...



咽頭と喉頭の違い!知っていますか?

風邪をひくとよく、「のど」が痛いと言いますが、 「のど」は咽頭と喉頭と呼ばれてい...



浜崎あゆみさん! 突発性内耳障害で左耳機能不全!

  歌手の浜崎あゆみさんは、平成12年に痛みや難聴感を伴う左耳内障害を告白。 そ...



春の七草で七草粥!

,  「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ  すずな ...



低温やけどに注意!

暖房器具が欠かせない季節ですね。 そこで、気をつけたいのが「低温やけど」です。...



来春の花粉飛散量 発表

来春の花粉飛散量 発表 年末年始は寒波がやってきて大荒れになる気象予想。 レジャ...



おいしいおにぎり!

どうしたら、おいしいおにぎりが握れるのでしょうか? あなたは、どんな風に握って...



岩盤浴でリフレッシュ!

最近。いたるところで目にする「岩盤浴」の看板ですが、 あなたはもう体験していま...



「Wii Fit」遊びながら健康管理はいかが?

今年のクリスマスの予定は? 子どもさんからのプレゼントはもう買われましたか? ...



夫の喫煙で肺腺がんリスク増

タバコと肺がんとは因果関係にあることはよく知られていますね。 でも、自分の喫煙...



ドライマウスではないですか?

あなたは、 ●口の中がネバネバする ●しょっちゅう水を飲む ●口臭が気になる と...



ペロペロ!なめるだけでダイエット?!

ペロペロ!なめるだけでダイエット?! 子供の頃、ペロペロキャンディーをなめたこと...



ノロウィルスが流行!!予防法は?

ノロウイルスなどが原因と見られる感染性胃腸炎が昨年よりも 1ヶ月早いペースで流...



最速…インフルエンザ流行 免疫少ないAソ連型

今年は、インフルエンザの流行が例年より1カ月早いようです。 北海道、関東、近畿...



花粉症やアトピーなどアレルギー患者に朗報?!

あなたは、花粉症やぜんそくで悩まされていませんか? 日本人のなんと約3割が何ら...



エコノミークラス症候群!大半が女性?!

先日、大豆製品を食べている中高年の女性は、 脳梗塞・心筋梗塞の人が少ないという記...



世界エイズデー 12月1日

世界保健機関 (WHO) が、1988年にエイズ問題への人々の意識を高めること...



エスカレーター、歩いてはいけない?!

エスカレーター、あなたはじっと立っていますか? それとも、歩きますか? 最近で...



ヨーグルトでダイエット!

肥満傾向のある人の約9割が、便秘だと言われています。 ヨーグルトは、腸内細菌の...



「飲むヨーグルト」と「乳酸菌飲料」の違い は?

前回、食べるヨーグルトと飲むヨーグルトは、基本的には同じと言いましたが、 まった...



食べるヨーグルトと飲むヨーグルトの違いは?

最近、液体状の飲むヨーグルトが増えていますが、 固まっている食べるヨーグルトど...



ヨーグルトのおいしい食べ方

ヨーグルトを毎日食べ、長く続けるほど効果的です。 飽きずに食べることが出来るよ...



ヨーグルトは毎日食べるのが理想的

現代社会はストレスが多く、食生活も乱れがちです。 それが腸内の善玉菌と悪玉菌の...



ヨーグルトの保存方法

ヨーグルトの賞味期限は、未開封の状態で製造日から2週間程度。 開封してからは、...



ヨーグルトの効用 その3  カルシウムの吸収がよい

★牛乳よりもカルシウムが多く含まれる 牛乳・乳製品のカルシウムは、牛乳のたんぱ...



ヨーグルトの効用 その2  おなかがゴロゴロしない

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロ!という人が多くいます。 そのため、「牛乳→腹痛、...



ヨーグルトの効用 その1  腸内細菌のバランスをとる

人間の腸内には約100種類、約100兆個の腸内細菌が住みついていて、 健康に様々...



ヨーグルトの歴史

ヨーグルトがはじめてできたきっかけは、おそらく、誰かが飲み残した家畜の乳を器に...



ヨーグルトで“老化”に歯止め

牛乳が苦手な人でも、ヨーグルトなら食べられることが多いです。 それは、ヨーグル...



循環器病の発症、果物の摂取で2割減に!

11月が近づいてきて、朝夕はグッと寒くなり、 リンゴやみかんがおいしい季節になっ...



中高年のうつ病が増えている?!

うつ病は、すべての年齢層に見られるのですが、統計をとると、 うつ病が発病する年...



うつ病は「心のかぜ」

うつ病は、「心のかぜ」とも呼ばれることがよくあります。 身体のかぜと同じように...



うつ病にかかりやすいタイプとは?

今、「うつ病」が大きな社会問題になってきています。 私の父と妹も例外ではありませ...



「1本で1日分の野菜」ジュース、ホントは小鉢?!

今。野菜不足と言うことで、「野菜ジュース」がよく売れているそうです。 私の友人も...



アタマジラミ激増中!!

私がまだ小学校の頃(昭和30年代)は、まだ衛生管理が徹底していなくて、 アタマ...



早足の歩数だけ計測してくれる歩数計?!

肥満防止のために、ウォーキングがすすめられています。 あなたも歩いていますか?...



薬効かないサルモネラ菌増加!ペットからの感染!

食中毒のうち細菌性の第1位は、サルモネラ菌によるものです。 サムモネラ菌は動物...



「食欲」ありますか?

本来なら、9月も後半になると涼しくなり、食欲も増してくるものです。 でも、今年...



体臭に原因となる 生活習慣チェック!

生活習慣が臭いの原因になることをお話ししました。 どんな生活習慣があると、におい...



体臭は食生活や生活習慣が原因?!

体臭は自分ではなかなか気づきにくいものです。 食生活や生活習慣をあらためることに...



つやつやの髪はたべものから

髪の美しい人って女性の憧れの的ですよね! 私の髪は、固くて太くて多くて・・・。...



流行サンダル、エスカレーター巻き込み事故!

最近はいろんなタイプの履き物が流行していますね。 ミュールにパンドル、夏でもブ...



生活習慣病対策!ジョギングより効果的なのは?

車で出かけているときに、よく走っている人を見かけます。 この暑いのにご苦労様!っ...



乳がんリスク遺伝子診断、日本でも開始!

先月、親友が乳がんで亡くなりました。51歳でした。 とても素敵な人でしたので、...



左利きはつらいよ!

]あなたは、右利きですか?左利きですか? 毎日、熱戦を繰り広げている高校野球で...



赤ちゃん教育ビデオに効果なし?!

私には2歳になる孫がいますが、娘夫婦は 幼児教育にいいと、英語教育システムのシリ...



目やにの処置

夏になると多くなるのが目やに。 目やにが多くなったときの原因や対処は適切ですか...



夏こそお風呂にゆったりと!!

毎日、暑いですね。 暑いからと湯船につからず、とシャワーですませていませんか?...



日本人に急増する血管の病 「心筋梗塞」

昨年の夏のこと、友人のFさん(59歳)が職場で倒れ、緊急入院、手術となりました。...



おいしいうなぎの食べ方

7月30日は土用の丑の日。 といえば・・・「うなぎ」ですよね! 浜名湖のうなぎ...



平均寿命 女性は22年連続世界1、男性も2位に浮上

日本人の平均寿命ですが、まだまだ伸びでいることがわかりました。 いったいどこまで...



「エコノミークラス症候群」にも気をつけて!!

高齢者が避難場所で動かない生活をすることで起こりやすい 「生活不活発病」につい...



生活不活発病にならないために!!

「生活不活発病」という病気があるのを御存じですか? 「生活不活発病」とは、体を...



ダイエット運動「ビリーズブートキャンプ」にライバル出現?

今やダイエットは、これでなくちゃ!というくらいブームになっているのが ビリーズブ...



メタボ防ぐ善玉ホルモン、脳では悪玉?!

大きな現代病となりつつあるメタボリックシンドローム!! そのメタボ対策に「アディ...



睡眠不足が首のしわに?!

暑くなって、素肌をみせる機会やファッションが増えてきました。 どんなに顔が若々...



市販薬の売れ方で感染症流行「予知」

インフルエンザなどの感染症の流行をはやく察知できれば ワクチンなぢの予防対策も...



カプセル型内視鏡が登場

これまで、胃は胃カメラで。大腸は大腸ファイバーで 内視鏡による検査が行われてき...



のどが渇いたと思ったときにはもう脱水状態

7月になり、じっとしていても汗をかく季節になりました。 一般に、汗が出ると、体に...



運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ

私が若いころは、激しい運動していても、練習中や試合中には、 決して水を飲んではい...



あなたは、「慢性疲労症候群」ではありませんか?

特別原因もないのに疲れがひどかったり、眠っても疲れがとれなかったり、 また、ひ...



防カビ洗面器、「置くだけでピカピカ」根拠なし 

梅雨になると、じめじめしてあちこちにカビが・・・・(;>_<;) とくに、水回り...



検診で予防できるがん?!「子宮頸がん」

日本人の死因の第一位は、相変わらず、「がん」です。 「がん」の原因はわかってい...



エコバッグ!使っていますか?

もうすぐ終わりますが、6月は環境月間です。 さまざまな取り組みがされていますが、...



圧力鍋は信頼のあるメーカー品を!

忙しい主婦にとって、煮込み料理はなかなかできないもの。 でも、それを短時間で可...



食の安全性

食品加工卸会社「ミートホープ」の牛肉虚偽事件。 今、中国での食への安全性が問われ...



メタボのウエスト値 国際組織が新指標 

メタボリックシンドロームの指標のひとつにウエスト(へその回り)があります。 メ...



こんにゃくゼリー、子供や高齢者は注意!

こんにゃくゼリーは、あの、つるっとした食感と歯ごたえがいいですね。 しかも、こん...



ラニーニャ現象発生、猛暑の可能性

日曜日に仕事で東京に行って来ました。 四国は晴れていたのに、関東地方は豪雨!! ...



梅雨どきのカビ・細菌対策

今年は渇水の恐れがあるようで、青く晴れた空を見上げては、 梅雨は来るのでしょう...



ヘナ配合の白髪染めでかぶれや炎症の訴え

ヘナ配合の白髪染めといえば、 シャンプーをしている間に自然に染まる!ということ...



食中毒  家庭で多く発生

この冬、ノロウイルスによる食中毒・感染症が大流行しましたね。 実は、清潔大国...



むし歯予防デー 子供たちの歯茎が弱っている

6月4日は『虫歯予防デー』。 そして6月10日までの1週間は『歯の衛生週間』で...



デスクマットで皮膚炎?!

今や、子供から高齢者まで、パソコン人数はどんどん増加しています。 パソコン使用...



5月31日は世界禁煙デー

今日、5月31日は世界禁煙デー(World No Tobacco Day )です...



HIV感染者・エイズ発症者、昨年過去最高1358人

ちょっと前のワイドショウで 若者の間で性感染症が蔓延しているという特集をしていま...



はしかの症状について

私が子供頃には、はしかはみんながかかる病気でしたので、 はしかの症状はよく知ら...



はしかの予防接種は2回必要?

今回のはしかの流行について、疑問なところがありました。 それは、 「はしか(麻...



はしか流行でワクチン不足懸念

はしかの流行はまだまだ続くようです。 そこで懸念されるのが、ワクチンの不足。 ...



はしかが大学生の間で流行。

はしか予防のために症状の確認とワクチン予防接種を受けましょう。 2007年05...



紫外線対策 その6 

紫外線対策として、いくら栄養素をきちんと摂っても、 それを活用する体が健康でな...



紫外線対策 その5

紫外線に打ち勝つには、外からの防御だけではだめです。 日焼けしてからあわてて対...



紫外線対策 その4

★サンスクリーン剤(日焼け止め)をこまめに塗る 紫外線は空から降り注ぐだけでな...



紫外線対策 その3 

★紫外線防止効果のあるサングラスを使用する 目の紫外線対策は忘れられがちです。 ...



紫外線対策 その2

★日傘やつばの広い帽子を使用する 日傘や帽子はUV加工がされていることはもちろ...



紫外線対策 その1

  紫外線対策は今から完璧に! 紫外線がもたらすダメージについてお話ししました。...



5月の紫外線に注意!

日焼けといえば夏のイメージが強いですが、油断はできません。 4月から9月ごろま...



奈良漬けを食べたら飲酒運転になる?

奈良漬けを食べただけで、顔が赤くなる人がいますが、 飲酒運転にはならないのでし...



海外旅行では感染症に注意

GWが迫ってきました。 景気の回復で、海外旅行を計画している方も多いと聞きます...



東京・埼玉で「はしか」流行 拡大の恐れも

高熱と全身に発疹が出る麻疹(はしか)が 埼玉県や東京都を中心とする南関東で流行...



かんきつ類が肥満防ぐ コレステロール抑制に効果

2007年4月17日(火) 共同通信 - goo ニュースによると、 *:。....



乳がん検診の有効性?12万人調査実施を決定

乳がん検診の「エックス線+超音波」有効か…12万人調査 乳がんは年約3万700...



脳トレ・・・一人でやったら逆効果?!

今流行の「脳トレ!」

そもそもは、ニンテンドーDS用ゲームソフト
「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修

脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズ(任天堂)の略称。

それが、今や脳を活性化させるためのゲームの域をこえて、
「認知症」にならないための能力トレーニングにまで発展しているようです。

・・・つづく



歌って健康増進!!

皆で楽器を鳴らし、音楽を創造します。また、コーラスをする方法もあります。
上手に気分をコントロールするなかで、病状も回復していきます。

また、カラオケで思いきり歌うのも健康によい方法です。

・・・つづく



受験生の運動

今朝の新聞に、国立大学の志願者倍率が発表になっていました。

若干、倍率が下がったようですが、受験生にとっては大きな試練です。

昨日は、受験生の夜食についてお話ししたので、
今日は、運動についてお話ししましょう!!

受験と運動は関係が無いように思えますが、実は大いに関係があるんです。

・・・つづく



夜食の正しい摂りかた

いよいよ受験シーズン到来ですね。

追い込みで夜遅くまで勉強している受験生のみなさんはもちろん!
それを支えるお母様方もなにかとたいへんですよね。

でも、子供が好きだからといって、甘いお菓子や脂肪分の高いものばかりを
夜食にしていませんか?

・・・つづく



指ヨガダイエットの効果

ヨガが健康や痩身に効果があることはみなさん、御存じですよね。

でも、本格的にヨガを極めるには・・・・なかなか難しいのが現実。

そこで、手軽にできる「指ヨガ」はいかがでしょう?

指ヨガとは、両手の指先を合わせて、指同士を押しあうだけの、
いつでもどこでも、手軽にできるとっても簡単なヨガなんです。

・・・つづく



足の爪の切り方に注意

足の爪のトラブルに巻き爪と陥入爪があります。

これらはよく似ていますが、爪全体が丸くなってしまうのが巻き爪。
これに対して、陥入爪は爪の端が皮膚にくい込んでいって化膿した状態です。

巻き爪や陥入爪など爪のトラブルを防ぐには、爪の切り方に注意が必要です。

・・・つづく



チョコレートって太るの?

あなたは、バレンタインデーとチョコの由来って知ってますよね?

ま。。。それはともかく、

あなたの大好きな人にプレゼントをするラッキーチャンスですよ。(*^_^*)

ココで、質問!!

チョコを食べると太ると思いますか?

・・・つづく



読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー

「読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー」はアメリカのベストセラーです。

ところで、この本!!

実は、喫煙者ではなく、タバコを吸わない人にすすめたいのです!!

喫煙者には、この本は単なる役に立つ禁煙指南書に過ぎないのですが、
非・喫煙者で人を説得する仕事、営業担当者や、企画のプレゼンターなどの人が読めば
この本は、大いに役立つ人心説得のノウハウ本なのです。

・・・つづく



「早食い」の子どもほど肥満度が高い

「早食いは太る」と昔からよくいわれてきましたが、これが大人だけでなく、
子どもにも当てはまることが実証されました。

「早食い」は子どもの頃からの習慣なので、大人になってからでは
改善しにくいということです。

子どもが「ゆっくり、よく噛んで食べる」ことの重要性を学習し、
習慣として身につけることが大切です。

・・・つづく



今春の花粉予測は?

この寒さが和らいでくると、いやな季節だと言う方がいますね。

そう・・・花粉症です。

今春の予想はどうなのでしょうか?

・・・つづく 昨年12月の予想では、



冬の健康入浴法

寒い冬はあったかいお風呂に入ると、からだが温まって、
心身共に気持ちがいいですね。

しかし寒さで冷え切った体で、急に熱めのお湯に入ると、
血圧が一気に上昇してしまうことがあるから、要注意!! このような入浴中における血圧の急激な変動は、 循環機能が衰えたお年寄りには特にダメージが大きいのです。



冬の静電気撃退法

冬は空気が乾燥しやすいので静電気が起こりやすくなるということはご存知ですね。

湿度が20%以下になると、静電気発生注意報です。

タクシーでおつりをうけとろうとしたとき・・・
運転手さんの指先に触れたとたんバチッ! なんて経験あるでしょう。

本当に心臓に悪い。パチパチなんて・・・だいきらい!!

・・・つづく



知ってる??お芋の基礎知識

ダイエット中に食べてもいい食材としておすすめなのが、意外にも・・・芋!!

ジャガイモやさつまいもは、ビタミンCを温州みかんとほぼ同量含んでおり、
日常的なビタミンの補給源でもあります。

・・・つづく



無呼吸治療マスク なお脳梗塞の危険

以前。俳優の渡部正行さんが、睡眠時無呼吸症候群であるということを
お話ししたことがありました。

その時に、治療法で鼻にマスクをつけて空気を送り、気道を広げる装置を使う
「CPAP(シーパップ)療法」が有効とされていました。

ところが・・・

(2007年1月12日 読売新聞)によると、

・・・つづく



髪の毛がサラサラになるブラシってホント??

これは面白そう〜〜!!

冬は乾燥しているので肌だけでなく、髪もダメージがありますよね。

「ホントかな?」とは思ったのですが、
all aboutのガイドが言っているので信用できます。

そして、年間になんと100万本の売り上げ実績!!

・・・つづく



冬の肌、カサカサかゆみ対策!!

私たちの肌は皮脂分泌や空気中の湿気によって水分量を保つことで、
外部からの刺激をブロックしています。

でも、空気が乾燥する冬は、肌の水分量も夏の半分以下。

これが、カサカサ肌やかゆみの原因となるのです。

これからが冬本番!

肌の役割を知って、正しいスキンケアで、肌を乾燥から守りましょう!

・・・つづく



胃にやさしい冬の野菜や七草がゆ

年末忘年会、お正月、新年会…とつい暴飲暴食になんてことなかったですか?

なんとなく胃がもたれたまま過ごしているというあなた!!

胃や体が悲鳴をあげている証拠です。

こんな時、オススメなのが冬野菜の代表、だいこんやかぶを使った料理。

・・・つづく



紅白なますは血液サラサラの一品! 

紅白なます とはお祝の水引きをかたどったものです。

大根が含むアミラーゼはでんぷんを分解し消化を助け、
ニンジンに多いカロチンには抗酸化作用があるので、血液がサラサラに〜〜!

・・・つづく



お雑煮に人々の知恵?!

★お雑煮

    お雑煮は、元旦の朝に作るものでなく、暮れの31日までに下準備をしておき
正月に手間をかけずに仕上げられる料理です

・・・つづく



ミカンで血液サラサラ!

冬の果物の定番は、なんといっても「ミカン」ですね!

『こたつにミカン』・・・ちょっと前までは、どこのご家庭でも見られた光景でしたが、
住居や生活形態の変化で、最近はへりつつあるそうです。(..;)

・・・つづく



冬の高血圧管理

血圧はとてもデリケートで、変化しやすいものです。

たとえば、朝と午後の違う時間帯に測るだけで数値は異なるし、
クシャミや咳をしただけでグンと上がることもあります。

ほんのちょっとしたことがきっかけとなって上がったり下がったりするため、
血圧を上げないようにするには日常生活での十分な注意が必要です。

・・・つづく



雑穀のすすめ

「あなたの家の主食は何ですか?」

と質問したら、

ほとんどのかたが、「白米」!と言われるのではないでしょうか?

でも、この「白米」だけを食べる習慣はそんなに昔からではありません。

・・・つづく



花粉症にはうれしい情報!

春は花粉症の方にとっては、辛い季節ですが、来春は、少し、緩和されそうですよ!!

2007年12月23日asahi.comによると、

来春の花粉飛散、関東は平年の4分の1 とのこと!!

・・・つづく



冬はやっぱり鍋がいい!!

冬の献立と言えば、やっぱり「鍋」ですよね。

鍋料理の特徴は、何と言っても「体が温まる」こと。

温かい食べ物は、体にはもちろんのこと!ココロにもとても重要なのです。

・・・つづく



飲食店からトランス脂肪酸を締め出す計画

「飲食店からトランス脂肪酸を締め出す計画」

これだけでは、何のこと?ですよね。

実は、これは、アメリカ、ニューヨークでのお話です。

・・・つづく



あなたの疲労度をチェック!

年末が近づいてきました! 年末のあなたの身体を総点検しましょう!! ★あなたの疲労度をチェック! あなたのお疲れは仕事とプライベート、どちらが原因ですか? ここでチェックしてみましょう!!



胃もたれ胸焼け対処法

忘年会、クリスマスパーティや、新年会まで、
ごちそうやお酒を飲んだりと、胃もフル回転です。

確かに、胃酸を抑える薬や胃の運動機能を良くする薬を服用して
治療するのも大切ですが、

度を過ぎてトラブルを抱えた時の食事のポイントをご紹介しましょう。

・・・つづく



ノロウイルス 大流行!

先日、地元のホテルで結婚披露宴での食中毒事件がありました。

原因はノロウイルス。

今年は例年以上にノロウイルスの感染者が多いようです。

気を付けて、予防しましょう。



睡眠時無呼吸症候群の怖さ

昨日の午後のワイドショウで、有名人カルテとして

俳優の渡辺正行さんが人間ドッグに挑戦!

ハラハラドキドキ、いろんなちゃかしも交えながら、96項目を検査。

気になる検査結果も、まず、大丈夫!!

ところが・・・・問診の中で重大な病気の可能性が発覚!!

・・・つづく



マフラーで寒さ対策!

温かい空気は上へ上へとあがっていきます。
気球や煙突がその原理を利用しているのはご存知ですよね。

実は服の中でもそんなことが起こっているのです。

・・・つづく



まだまだ延びる!日本女性の寿命、30年に88・5歳

2030年時点での平均寿命予測で、日本人女性が88・5歳と
世界最長命を維持することを、世界保健機関(WHO)の研究者が
医学系ニュースのホームページで発表した。

・・・つづく



程よい睡眠、うつ防ぐ?

あなたの睡眠時間はどのくらいですか?

長過ぎても、短すぎてもいけない。。。

この睡眠時間が、「うつ」と大きな関係があるようです!

・・・つづく



自分の「箱」から脱出する方法

あなたは今、人間関係で悩んでいませんか?

家庭、仕事、地域、友人関係・・・

人間関係で行き詰まったりどうしようもならなくなった時ほど、
実は状況を自分に都合のよい解釈をして、
自分で自分を追い詰めているもの。

・・・つづく それは自分の小さな「箱」の中にいるからなんです。



アクティブレスト たまった疲れ、動いてほぐす!

 「アクティブレスト」という疲労回復法をご存じですか?

日本語で言うと、積極的休養。

疲れた時こそ体を動かすという考え方に基づいた方法で、
スポーツの世界で研究が進んでいます。

・・・つづく



頭のよい子が育つ家

首都圏で過熱する一方の中学受験!!

有名私立中に合格した生徒の自宅はどんな環境か??

それをモデルに「頭が良くなる」を売りにした住宅販売やマンション建設が
埼玉県内で広がっているそうです

・・・つづく



防災大掃除を!

そろそろ、12月。大掃除のシーズンがやってきますが、

最近、各地で頻繁に起こっている自然災害に備えて、

今年は、防災対策の大掃除を家族でやってみませんか?

★室内外の安全対策

・・・つづく



水を飲むときの工夫

あなたは、水道水をそのままグラスに注いで飲んでいますか?

それとも、なにか、工夫をしていますか?

・・・つづく



子どもの肥満。噛み方に注意

肥満や、肥満からくる生活習慣病などが、子どもの問題にもなっています。 食事の内容や運動不足が原因ですが、同じ量の食事でも、 「早食い」をすることで肥満を招きやすくなるのです。



世界のエイズ患者、約4千万人!

12月1日は世界エイズデーです。

そのシンボルはレッドリボン

それを前に、 国連合同エイズ計画(UNAIDS)と
世界保健機関(WHO)がエイズウイルス(HIV)感染者数などの
2006年の最新推定値を発表しました。 

・・・つづく



たばこも酒も緑茶も習慣になると、食道がんのリスクが高くなる!

喫煙するのに加えてほぼ毎日飲酒する男性は、どちらの習慣もない人たちと比べて
食道がんになるリスクが9〜11倍あることが、東北大の調査でわかりました。



コレステロール、卵控えても変わらず!?

コレステロール値が高い人は卵の摂取を控えるようにと、
医師に指導されることが多いですね。

ところが・・・

卵をほぼ毎日食べる人と、週に1〜2日しか食べない人とで、
血液中のコレステロール値や心筋梗塞(こうそく)の危険性は変わらない!!

・・・つづく



拒食症のモデル死去

スリム志向の現代、ダイエットをする人はとても多くなりました。

ダイエットをしてもなかなかうまくいかないのがむしろ普通ですが、
反対に体重が減りすぎてしまうことがあります。

・・・つづく



省エネ暖房 湯たんぽ

寒い冬、いまでこそヒーターやエアコンなど様々な暖房家電があります。

しかしつい最近、昭和の中頃までは炭などを使って火鉢や、

行火(あんか)で暖をとっていました。

「暖房をつけると乾燥しすぎるし、電気代も…」というあなたに、
お湯を注ぐだけで手軽に暖がとれる湯たんぽは、
この冬の強い味方になってくれますよ!!

・・・つづく



がん死の原因、男性たばこ4割 

がんで死亡した男性の約4割、女性の5%が、
たばこが原因と考えられるとする推計を厚生労働省の研究班がまとめました。

これによると、年間約8万人がたばこでがん死したことになるのです。

タバコを吸っている人の肺って、どんなになっているか知っていますか?

1週間でタバコがぐーんと嫌になる方法。間違った方法でいくら禁煙しても絶対禁煙はできません!

・・・つづく



ディズニー、食品へのキャラクター使用を制限

米ウォルト・ディズニーは16日、同社キャラクターのライセンス方針を見直し、

高カロリーの菓子類など同社が子供の健康に有害と判断した食品に対し、

キャラクターの使用や利用を認めないことを決めた。

・・・つづく



今日は「もやしの日」

11月11日は1が4つ並ぶということで、いろんな記念日になっています。

ちなみに。今日はもやしの日です。

栄養価の高いもやしを食べましょう

・・・つづく



血管の病気について、動画やアニメで紹介

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞(こうそく)の原因としておなじみですが、

実は、足や首にも起こるのです。

また、大動脈瘤なども引き起こす血管の病気です。

・・・つづく



服育のすすめ

子供を健全に育てるために、
「食育」という言葉がよく聞かれるようになりました。

農林水産省:なぜ?なに?食育!!

では、「服育」という言葉はどうでしょう?

これは、繊維会社が提唱している
衣服を通して子供たちの豊かな心を育もうという取り組みです。

・・・つづく



手術数でわかるいい病院 2006 全国&地方別ランキング

病気を患ったときは、少しでもいい治療を受けられる病院に行きたい。

手術を受けるなら、「名医」と呼ばれる外科医に執刀してもらいたい。

とは、誰しも思うこと!!

でも、どうやって調べたらいいのでしょうか?

・・・つづく



健康食品の利用約8割!

健康食品の利用に関する3万人調査結果が公開されました。

調査は7月26日〜31日の期間、インターネット上で実施。

有効回答数は2万8818。性別の内訳は男性47%、女性53%。

・・・つづく



ゲルマニウムが大人気

ゲルマニウムは、医学界でも、スポーツ界でも注目を浴びています。

有名サッカー選手、野球選手なども愛用するゲルマニウムブレスレットは
無機ゲルマニウムから作られています。

ゲルマニウム温浴は、一番ゲルマニムの効能が得られる方法として、
絶大な人気があります。

・・・つづく



BODY 驚異の人体探検

人の身体の中ってどんな風になっているのか知りたくないですか?

私は、臨床検査技師の学校に通っていましたので、
解剖学の教科書などで、人間の体をつくる様々な臓器や器官を見ました。

でも、それは、人が描いたもので平面的なものです。

・・・つづく



納豆効果 改めて実証

納豆が身体にいいということは、今までも言われてきたことですね。

Q.納豆のすごいパワー?!

今回、その効果が改めて実証されたそうです。

・・・つづく



早食いする子供ほど肥満になりやすい

ライオン歯科衛生研究所と東京歯科大がまとめ、
日本口腔衛生学会で報告しました。

調査は沖縄県石垣市など八重山地区で、
小学5年の256人(男子137人、女子119人)を対象に実施。

・・・つづく



男性の肥満増加/健康自己管理の重要性

収穫の秋を迎え、さわやかな気候で食が進みます。

これからの季節、つい食べ過ぎ、飲み過ぎということになりがち。

このくらいはたいしたことはないと思っていると、
徐々に体重が増えて、肥満に・・・

肥満は万病の元」。

・・・つづく



今2000万人が突然死予備軍!メタボリック症候群の完全予防法

10月17日(火)たけしの本当は怖い家庭の医学スペシャルは

「今2000万人が突然死予備軍!メタボリック症候群の完全予防法」

このメルマガでも何度か紹介してきましたが、

巷で話題の「メタボリックシンドローム」…

・・・つづく



乳がん診療ガイドラインの解説

患者の相談に応じている乳がん患者会の担当者ら2人が作成した46の質問に、

医師や薬剤師、看護師らが回答している本が発売されました。

乳がん診療ガイドラインの解説―乳がんについて知りたい人のために (2006年版)
乳がん診療ガイドラインの解説―乳がんについて知りたい人のために (2006年版)
金原出版
price : ¥1,995
release : Now On Sale



あなたのおへそ回りは何センチですか?

2005年4月に日本人向けの診断基準が発表されました。

おなかがぽっこりと出た内臓脂肪型肥満の人で、
高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が2つ以上重なると
メタボリック・シンドロームと診断されます。

・・・つづく 腹部の脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、 メタボリック・シンドロームに関わるのは内臓脂肪の場合です。



糖尿病はがんになりやすい!

糖尿病は、がんになりやすい!

こんなショッキングな記事が掲載されました。

(2006年9月27日 読売新聞)によると、

++++++++++++++++++++++++++++

男性の肝臓がん発症率2倍超!!

・・・つづく



英国の子供のカウチポテト化!

子供達がカウチポテト化しているのは、日本だけではないようです。

★カウチポテトとは?

寝いす(カウチ)でくつろいでポテトチップをかじりながら
テレビやビデオを見て過ごすような、
自分一人の中に閉じこもって精神的な安らぎを求めるライフスタイル。
また、そのような生活を好む人。

・・・つづく



脂肪取り過ぎか?働き盛り男性が心疾患死

いよいよ、恐れていたことが現実となってきたようです。

今回の報告は、欧米型食生活を長く続けることが、
虚血性心疾患による死亡に結びつくことを示唆する初のデータです。

今の若者の食生活における脂肪摂取量の多さを考えると、
死亡率は今後も上がる可能性が高いでしょうね。

今こそ、食生活を見直さないといけない時なのではないでしょうか?

・・・つづく



薬の用法「絵文字」新たに23種類

薬を見ると、使い方を説明した絵文字がありますね。

医薬品の正しい使い方を表示するこの絵文字が改訂されたそうです!!

(2006年7月21日 読売新聞)から

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

薬の用法わかりやすく…「絵文字」新たに23種類

・・・つづく



夏もご用心、心臓病・脳卒中

冬に多いとされる心臓病・脳卒中ですが、

夏もご用心!という警告が発せられてます!!

(2006年7月16日 読売新聞)

★汗かき脱水症状 血管詰まって…

 ジメジメした梅雨、ジリジリと焼けるような夏は、本人も気づかぬうちに、

汗をかいて脱水症状に陥りやすい季節だ。

しっかり水分補給しないと心臓病や脳卒中の魔の手がしのびよる。

命を落とすことのないよう、予防策をまとめた。

・・・つづく



「無呼吸症候群」メタボリック・シンドロームにご用心

(2006年6月26日 読売新聞 より)

 寝ているときに呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の男性患者の半数、

女性では約3割が、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)の引き金になる

メタボリック・シンドローム」を合併しているとの研究結果を、

愛知医科大病院睡眠医療センターがまとめ、日本高血圧学会誌に発表しました。

・・・つづく



検査の基準値 男女別・年齢別 登場

体力測定の基準値は男女別、年齢別になっているのに、

コレステロールや血糖値など血液検査の基準値が一律なのはなぜ?

こんな疑問から、男女差や年齢を考慮した新しい検査の基準値が

提唱されている。

・・・つづく



ニンジン煮ればベータカロチン摂取「生」の1.6倍?!

ニンジンは、ゆでて食べると、色素「ベータカロチン」の体内への吸収率が
高まることが、伊藤園中央研究所などの研究でわかりました。

・・・つづく



6/08 チーズで内臓脂肪が減るの?!

チーズは脂肪分が多くて肥満に関係しそうとおもわれがちですが、

チーズを食べると、生活習慣病で問題となる
内臓脂肪が減る可能性がある事が報告されました。

・・・つづく



6/1 精子の数、日本男性が最下位?!

日本人男性の精子数は、フィンランドの男性の精子数の約3分の2しかないなど

調査した欧州4か国・地域よりも少ないことが、

日欧の国際共同研究でわかったそうです。

・・・つづく



5/25 赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍

紫煙の漂う室内で育った赤ちゃんは、親がアレルギー体質だった場合、

1歳までにアレルギー性鼻炎を発症する割合が3倍に増えることが、
米シンシナティ大(オハイオ州)の研究で分かりました。

・・・つづく



5/19 音読・書く・計算 新聞で認知症予防

高齢者のアルツハイマー病では近年、病状の進行抑制や予防法として
「読み・書き・計算」のトレーニングが有効なことが分かってきました。

脳の神経細胞が徐々に破壊されるアルツハイマー病では、
脳の中心部の海馬の委縮などで記憶力の低下が起こります。

失った細胞の回復は困難だが、大脳の前方にあり、思考やコミュニケーション、
行動の抑制などをつかさどる「前頭前野(ぜんとうぜんや)」を活性化させると、

「失った脳機能の一部が補われ、日常生活での支障を最小限に抑えられる」
そうです。

・・・つづく また、発病前から前頭前野を活性化させておけば 「認知症の予防効果も期待できる」そうですよ!



5/12 白インゲン豆ダイエットで嘔吐、下痢!

5/6放送の健康番組「ぴーかんバディ」
http://blog2.doremi3.com/archives/2006/05/56.html

番組内で取り上げたダイエット法を試した視聴者が下痢やおう吐を訴えている問題で、
TBSは同社やネット局へ寄せられた苦情件数が650件に上ったことを

明らかにしました。
いずれも症状は軽く、快方に向かっているが、同局では事態を重視。
ニュース番組で、白インゲン豆を使ったダイエット法について、
視聴者に注意を呼びかけました。
・・・つづく



5/5 夜食は太る?

身体は一日中同じ状態ではありません.

ホルモン、自律神経などで、コントロールされています。

それらで、夜食べると太りやすいようですね。

・・・つづく



4/27 ドライマウスって?

「ドライアイ」という言葉は、パソコンやゲームの普及とともに、よく聞かれる言葉ですが、

「ドライマウス」という言葉もあるのを御存じですか?

「ドライマウス」とは、もちろん、ネズミのことではありませんよ。

唾液腺に異常が起き、唾液が少なくなる症状のことです。

・・・つづく



4/13 男性にも更年期障害がある?

昨日のTV番組 ザ・ワイドで男性更年期障害の特集がありました。

40〜50歳代の男性と言えば、家族の大黒柱でまだまだ働き盛り!

最近だるい、疲れやすい、仕事に集中できない などの症状があるが、

受診しても、これといった病気の診断がない!という あなた!

最近、ご主人の様子がおかしい!と思われるあなたも・・・

もしかしたら、男性更年期障害かもしれません!

・・・つづく



4/6 ウエストの太さと心筋梗塞の関係

昨夜のためしてガッテン!見ましたか?

尼崎市役所の取り組みが放送されていました。

ある取り組みで、心筋梗塞による突然死がピタリとゼロ!

その取り組みとは?

・・・つづく



3/30 死因トップはガンではない!?

「日本人の死因のベスト3を知ってますか?」

「1位がガンで、2位と3位は心疾患と脳血管疾患 となっています!」

その通り!!

でも・・・実は・・・え??違うの?

・・・つづく



3/23 肥満率日本一の県は?

これは、2004年度に政府管掌健康保険における生活習慣病予防健診を受診した
全国の3,471,712人(男性2,283,581人:女性1,188,131人)のデータです。

社会保険庁がメタボリックシンドローム、つまり、脈硬化のハイリスク状態の人が
どの程度いるのかを調べるために、行ったものだそうです。

ワーストワンは??
・・・つづく



3/16 睡眠不足になるほど、肥満しやすい!?

「睡眠不足の人は肥満しやすい」という話を知っていますか?

昨年5月にも、お話ししましたね。

これを裏付けるようなデータがあります!!

・・・つづく



3/9 夫が家事・育児すると子ども生まれやすい?

今、あなたは、子どもさんが欲しいと願っていますか?

あなたが女性なら、ご主人に家事をお願いしましょう!

あなたが男性であるなら、あなた自身が積極的に、家事を手伝いましょう!!

それで、こどもができるのか?って・・・・??

・・・つづく



3/2 筋肉緊張ダイエット!

筋肉を鍛え、体に張りを持たせるエクササイズは必ずしも、
動きながらするものとは限らないのです。

一見何もしていないように見えて、実は筋肉に刺激を与えている
静的トレーニングがあります。

・・・つづく



2/23 激しい運動で尿酸値上昇

高尿酸血症の一因に、運動不足が挙げられますが、
激しすぎる運動は、かえって高尿酸血症を悪化させる恐れがあるのです。

激しい運動は、なぜ尿酸値を上昇させるのか?

・・・つづく



2/16 体内時計の遺伝子、朝の作動が重要

ほぼ24時間周期のリズムを刻んでいる哺乳(ほにゅう)類の「体内時計」は、
異なる時間に働く16個の時計遺伝子によって制御されているが、

朝に働く遺伝子のオン・オフ(活性・停止)が正常に作動しないと、
周期リズムが消滅してしまうのだそうです。

・・・つづく



2/9 薬味の効用

薬味には、料埋の味を引き締めて風味を増し、食欲を増進させる効果があります。

わが国では、奈良時代から「からみ」や「くさみ」として、
ショウガ、ノビル、サンショウ、カラシなどの香辛料が使われてきた歴史があります。

そば、うどんといった麺類の薬味にも、さまざまなものが用いられています。

・・・つづく



2/2 リンゴの不思議な力?!

リンゴは、イギリスでは「1日1個のリンゴは、医者を遠ざける」ということわざがあるなど、
古くから世界各地で健康づくりに役立つ食べ物とされてきました。

でも実際に、ビタミンやミネラルなどの栄養を他の果物と比較しても、
リンゴは、それほど優れているわけではありません。
けれども、リンゴには不思議な力があるのです。

・・・つづく



1/26 受験生の食事の工夫

大学センター試験が終わり、大学受験はこれからが本番。

また、中学入試や高校入試も間近となって、ラストスパートの時期です。

勉強をかわりにする!っていうわけにはいきませんが、
食事や体調管理、勉強に集中できる環境づくりなど、助けてあげたいですね。

・・・つづく



1/19 受験シーズン到来! 子どもの食事をチェック

いよいよ受験シーズンですね。

この時期には、「勝つ」という言葉をかけたお守り、切符やいろんなグッズに加えて
チョコレートや、ウィンナー、トンカツなどを食べてげんをかつぐ習慣があります。

しかし・・・気持ちを安心させるためのげんかつぎも大切ですが。。。

・・・つづく



1/12 とっておきの冷え予防術

「冷え」は大事にはいたらない症状のように思われますが、
冷えを見すごすと大きな病気につながることもありますので、要注意ですよ!

冷えにはいくつかのタイプがあります。

自分はどのタイプなのか、まず知ることから始めましょう。

・・・つづく



1/5 ビフィズス菌 インフルエンザ予防に効く!?

ビフィズス菌を多めに取る高齢者は、免疫機能が高まり、
インフルエンザウイルスに感染しにくい!

こんな研究結果が出たそうです。

・・・つづく



12/29 肝臓の働きをサポートする成分や食べ物

飲み過ぎが気になる人はミカンを食べよう

温州ミカンには、アルコール性肝障害の予防に有効とみられる
「β-クリプトキサンチン」が含まれ、注目されています。

・・・つづく



12/22 肝臓をいたわり、サポート

飲まないのが一番肝臓にいいことはわかっていても、
年末年始、どうしてもアルコールを飲む機会が増えますね。

今日は、肝臓をいたわり、サポートするポイントをお話ししましょう!

・・・つづく



12/15 年末年始。肝臓をいたわりましょう!

その後も、クリスマス・お正月と飲み過ぎ。食べ過ぎで、
とかく体重増加に悩む人は多いですよね。

でも、この時期、
体重増加に繋がる、大きなダメージを受けるところがあるのを御存じですか?



12/08 お歳暮のシーズン!「植物油」をチェック!

師走になって、TVCMでも、盛んに「植物油」が放送されていますが、
最近、食用油、特に植物油のバラエティが豊富になってきましたね。



12/01 肩こり・腰痛に役立つ避難袋を作ろう!

災害時のストレスが、肩こり、腰痛に悪影響を及ぼす場合があります。
その点を考えながら「肩こり、腰痛の人用の避難袋」を用意しましょう。



11/24 醤油に血圧効果、血糖値抑制など驚くべき健康効果

意外にも!お醤油に含まれる成分には、
血圧を下げたり、血糖値抑制など、驚くほど多くの健康効果があるのです。  



11/9果糖は肥満・2型糖尿病の真犯人?

砂糖(これはブドウ糖と果糖が結合したもの)やソフトドリンクの異性化液糖で果糖をたくさん取ると、
からだの中ではまるで『高脂肪食』を続けているような状態になってしまうのです。



10/22 味覚障害 は 亜鉛不足?

味覚障害にかかわる亜鉛について詳しく見てみましょう。

  まずは亜鉛の作用についてです。亜鉛を必須成分とする酵素は、
なんと200種類以上もあるそうです。それだけ重要度が高いということです

・・・つづく



10/20 若い人に急増!味覚障害

人は年とともに味覚が衰えるものですが、味が感じられない、薄く感じる。

そんな味覚障害が、20代〜30代の若い世代に増えて、国民病になりつつあります。



10/13 親知らずは抜く?抜かない?

親知らずが腫れて痛んだことはないですか?

私は3本はえて、上の2本は斜めに生えてきて虫歯になり、抜きましたが
下の1本は虫歯治療をしてそのままいます。

親知らずは抜く必要があるのでしょうか?



9/30 糖尿病予防食は、健康とダイエット食の基本

糖尿病食とは、食べてはいけいなものはなく
 「適正なエネルギー量でバランスよく食べる」これが基本だからです。
   糖尿病の要因の一つでもある肥満は偏った食事、運動不足によります。
 悪い生活習慣を改めることは、健康維持、ダイエットにつながります。



9/22 血糖値コントロールは健康の素

日本の糖尿病の疑いが強い人は約740万人。
予備軍を含めると約1,620万人と推定され、
日本の国民病とも言われています。
40歳以上の人の10人に1人は、糖尿病あるいは、予備軍なのだとか。
糖尿病に深く関わりのあるのが血糖値です。



9/15歯磨きのうそ?ホント!

歯磨きって、実は、言い伝えられていることが案外間違っていたりするもの。
あなたは、いくつわかりますか?



9/08 美人になる眠りのコツ

いい睡眠は肌の再生力を高めます。
また睡眠の質を上げることが、心身の健康に大きく影響してきます。

良質な睡眠を得るために気をつけるべき3つのポイントをご紹介!



9/1 外食で太らない法則

忙しいビジネスマン&ウーマンでもこれで大丈夫!

これまでせっかくやってきたダイエットをムダにしないように、
そして、現在ダイエット中の方はよりスムーズにダイエットが進むように、
外食で太らない方法について考えてみましょう!



8/26ぐっすり眠って夏バテ解消!

★睡眠不足が夏バテをひどくする

処暑を迎えましたが、まだまだ暑い日は続きそうだし、
そろそろ夏の疲れも感じ始める頃ですね。
そこで今回は夏バテ解消法についてご紹介します。



8/19 夏に傷んだ髪・頭皮の対処法

夏に傷んでしまった髪と頭皮のためのケアについて徹底解明!

秋以降は天使の輪のあるツヤツヤ髪・健康な頭皮に戻りたいですね!



7/1 「麦茶」の香りで血液サラサラ?

最近はお茶ブームで、日本の緑茶から中国茶まで、多々。
でも夏の飲み物と言えば、なんといっても「麦茶」!
実は、夏バテ防止に麦茶はぴったりの飲み物なんです!

その「麦茶」のパワーとは?



6/15 頭痛って病気なの?

一言で頭痛といっても、実は頭痛には様々な種類があるのです。

頭痛のタイプは様々
大きく分けると頭痛は三つに分けられます。



5/27 便秘も肥満も睡眠不足が原因?!

厄介な便秘や肥満。実は、睡眠不足がその原因のひとつになっている。

最近、太り気味、便秘気味という方、必読!

・・・つづく



5/10 五月病に勝つ!脳を活性化する食べ物でパワーアップ!

食べ物で改善できるならすごい!!
でも・・・私は五月病とは無縁のようなんだけど・・・σ(^◇^;)

4月からの入学、入社、転勤などの新生活がスタートし、少し落ち着いた五月頃に
疲れやストレスにより、うつ状態になったり、めまい、意欲低下、不眠、頭痛、
倦怠感など、心身にさまざまな症状が表われたりすることがある。これが五月病。

・・・つづく



インデックス

Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.