7/1 「麦茶」の香りで血液サラサラ?

スポンサードリンク

 


夏バテから生活習慣病予防まで、夏のパワフルドリンク!

「麦茶」の香りで血液サラサラ?


最近はお茶ブームで、日本の緑茶から中国茶まで、多々。
でも夏の飲み物と言えば、なんといっても「麦茶」!
実は、夏バテ防止に麦茶はぴったりの飲み物なんです!

その「麦茶」のパワーとは?


気温が高くなり、各地で熱中症で倒れたというニュースも流れています。
熱中症にならないためには、こまめな水分補給がかかせません。

清涼飲料水やスポーツドリンクは糖分が多いことや添加物などが気になります。
またさっぱりとした緑茶やコーヒーは、カフェインが気になります。

そこで、「麦茶」!!

風味よく、喉越しもよく、水分補給に最適。
しかも、夏バテ防止の効果も高いことが分かりました。


【麦茶のパワー!!】

★麦茶の香りに血液サラサラ効果?

以前テレビなどで、麦茶の血液サラサラ効果がとりあげられましたが、
まだ麦茶のどんな成分に効果があるのかは、分かっていませんでした。

その後、カゴメ総合研究所と農水省食品総合研究所の共同研究によって、
麦茶独特の香りが関係していることがわかりました。
麦茶の香りは、大麦を焙煎することで発生する「ピラジン」という成分で、
ピーマンや納豆の匂いの成分でもあるそうです。
この「ピラジン」に、血液をサラサラにする作用が認められたのです。

詳しくは、カゴメのサイトをどうぞ。
KAGOME 六条麦茶
http://www.kagome.co.jp/mugicha/content/mugi04.html

★血行がよくなれば夏バテも防げる

夏バテの原因は色々ありますが、汗をかいて水分が排出されることで、
血液はドロドロ状態になり、疲労物質が筋肉にたまりやすくなります。

ですから、ただ水分を補うだけでなく、
血液サラサラ効果のある麦茶を飲むことは、
夏バテ防止・解消のためにはより効果的なのです。


血液サラサラ効果以外にも、
麦茶はさまざまな働きをする成分を含んでいます。

★胃を守る働き

麦茶はたくさん飲んでもおなかはこわしにくいと、母から聞いたことがあります。
近年、麦茶には、胃粘膜を保護する働きをする物質が含まれ、
また麦の抽出物がストレス性の胃潰瘍に対しても
予防的に作用することが報告されています。

★ノンカフェイン

麦茶は、コーヒーや紅茶などと違い苦みや渋味の成分である
「カフェイン」や「タンニン」を含んでいません。
病気の人やお年寄り、赤ちゃんまで、また眠る前でも飲むことができます。

★カラダを冷やす働き

大麦は、カラダを冷やす働き(陰性)があるので、
暑さでほてったカラダを癒すにはぴったりです。

★食物繊維が豊富

麦茶には食物繊維が多く含まれているので、
整腸効果があり、便秘を改善する働きがあります。

★その他

糖尿病の合併症予防、動脈硬化予防など、
生活習慣病の予防への期待が高まり、研究が進められています。


【注意!!麦茶をおいしく飲もう】

★麦茶は痛みやすい?!

麦茶のペットボトルも売っていますが、家族がみんなで飲むとなると大量に!
そこで、家庭で煮出した方がずっと経済的です。

でも、麦茶は、煮だした後に、パックを入れたまま冷やしておくのを忘れて
1晩おいて翌朝見ると白濁し、においが気になることがあります。

麦茶のでんぷん質が溶け出すので、煮出しても早く腐るようです。
麦茶を煮だした後は、パックは早めに取り出しておくのがポイント!

煮だした後はすぐに水につけてあら熱をとり、ポットに移して冷蔵室で冷やすこと。

夏は飲む量が多いので、たくさん沸かしてもすぐなくなりますが、
やはり当日か翌日には飲みきる量を作る方が安心です。


でも、どんな水でもいいってわけではありません。

水道水がビタミンを破壊する?

1リットルあたり、わずか約7円!と経済的なので、私は、ブリタの水を使ってます!!

ポット型浄水器 BRETA(ブリタ) を オススメ!


★こまめに少量ずつのみましょう

喉が渇いている時は、一度にガブガブ飲んでしまいがちです。
でも胃液が薄くなり、もたれた感じになりますよね。
夏の水分補給は、コップ半分から1杯程度をこまめに飲む方が、胃に負担をかけません。

ちょっと冷たいものの食べ過ぎで、おなかが冷えていると思う時は、
キンキンに冷たい麦茶より、あら熱をとったほんのり暖かい麦茶を飲むようにしましょう。


*ちなみに残ったでがらしは、植木の肥料になります。
生ゴミを減らすためにも、有効利用してみてはいかがでしょうか。

夏のこまめな水分補給は麦茶!。

みなさん、この夏を元気に乗り切りましょうね!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.