8/18「おもいッきり」酸素を上手に取り込むコツ

スポンサードリンク

 

命の源・酸素を上手に取り込むコツ

8/18 おもいッきりテレビ


夏の呼吸は浅い!

残暑が続く中で頭がボーッとする、動悸、めまいなどの
体の不調の原因は高温多湿の中で呼吸が浅くなり
体細胞に十分な酸素を取り入れられない事から起こるのです。

そこでこの暑さの中でも命の源・酸素を上手に取り込み、
脳・心臓・肝臓・皮膚を元気にする方法を紹介。

残暑の今、体内が酸素不足になる理由

高温多湿の空気は、呼吸器にダメージをあたえやすいのです。
だから、呼吸器は熱い空気を入れるのを自然に避けるようになります。

↓ ↓ ↓ その結果 ↓ ↓ ↓

呼吸が浅くなり、酸素不足となるわけです。


★先生からの一言

全ての病気は酸欠によって起こると言われます。
呼吸が浅くなりがちな今、酸素を十分に取り込むことが大切です。


●人間は誰も暑くなると、体内にこもる熱を外に出そうとするため
  自然に呼吸が浅く、速くなります。
 

【酸素を上手に取り込むコツ】 

★ ポイント1  気管の入り口の開閉をスムーズにすること 

  朝起きてすぐ、ゆったりしたリズムの唄を歌う。→ 民謡 (但し大声は逆効果)

● ゆっくりした歌を歌うと声帯をゆっくり動かすことになる。
  毛細血管が拡張して熱放散がしやすく粘膜を守り、気道入口も広がりやすい。


★ ポイント2 ★  気管を拡げる

  1.直立し、首の筋を伸ばすようにして、胸を張って伸びをする

  2.手を上下に、2〜3回 伸ばしながら呼吸をする

● 気管の軟骨はU字型をしているので首が曲がっていると狭くなり、
  熱がたまりやすく、しかも酸素が通りづらい。
 
  そこで、首を真っ直ぐにして、胸を張ると気管支が広がり、
  浅い呼吸でも、酸素を取り込む量が増える。


★ ポイント3 ★  外出時には気管を冷やす

 冷水を飲むとよい。
 ただし、冷水を口に含んだまま、5秒間おいてゆっくり冷水を飲むこと


★ ポイント4 ★  肺の酸素交換をよくする

 一時的に息を止める。軽く息を吸ってから5秒間息を止める
 さらに、鼻の下にハッカを塗るとよい
 食べ過ぎはダメ!腹八分目で水溶性食物繊維などを摂るとよい

● 一時的に息を止めると体の中に炭酸ガスがたまり、
  脳から酸素を取り込むように指令が出て、酸素の取り込みが活発になる。
  ただし1日2回程度でやめる。

● 胃腸にものがいっぱい入っていると横隔膜が動きにくいため、
  肺での酸素と炭酸ガスの交換が十分にできなくなる。


★ ポイント5 ★  呼吸器粘膜を強化し、修復する

 少し熱めのシャワーを浴びる。 目安は、42℃で3分間



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.