『1回たった6秒のスロートレーニング』

この方法だと誰でもラクラク!100歳の人でもできる。
しかもしなやかで健康的な筋肉を増やし、身体を引き締めることができます。" /> 10/13「おもいッきり」1回たった6秒のスロートレーニング

10/13「おもいッきり」1回たった6秒のスロートレーニング

スポンサードリンク

 

10/13 おもいッきりテレビ


今、医学界・スポーツ界で注目の新理論

『1回たった6秒のスロートレーニング』

この方法だと誰でもラクラク!100歳の人でもできる。
しかもしなやかで健康的な筋肉を増やし、身体を引き締めることができます。


★先生からの一言

6秒のスロー・トレーニングの効果を高めるために、
昼間運動後に牛乳を飲みましょう。

また週3回程度行うほうが毎日より効果が高いです!


★ ポイント1 ★

だれでもラクラク!お尻のたるみ、冷え症を予防・改善する

●太ももに「健康な筋肉を作る」6秒スロートレーニング

1.頭の後で手を組み、両脚を肩幅くらいに開いて立ちます。

2.息を吸いながら、3秒でひざをまげる。
  このとき、ひざをまげすぎないこと!

3.息を吐きながら、3秒でひざを伸ばしきる手前まで立ち上がる

これを5〜10回おこなう。

【注目情報】

太ももの筋肉に効果的な、6秒スロートレーニングを行うと

筋肉をつくる成長ホルモンが
1時間ジョギングした以上に分泌されることがわかった! 


★ ポイント2 ★

●太ももの6秒スロートレーニングを行った後は

必ず「ひざの曲げ伸ばし」10回行いましょう!


★ ポイント3 ★

だれでもラクラク!腰痛、下腹ぽっこりを予防・改善する

●「腹筋」を作る6秒スロートレーニング

1.背もたれのあるイスの前のほうに座り、正面を見る

2.息を吐きながら、片方の脚を3秒で胸の方に引き寄せる

3.息を吸いながら、3秒で脚をおろす

片方の脚を続けて、5〜10回行う
終わったら、もう片方の脚も同様におこなう

★6秒スロートレーニングで「腹筋」を作ると、

☆内臓の機能向上

☆下腹ぽっこりを予防改善

☆腰痛を予防改善


★ ポイント4 ★

●腹筋の6秒スロートレーニングを行ったあとは

必ず「上体そらし」10秒間行う。


★ ポイント5 ★

●背中の筋肉を作る6秒スロートレーニング

1.両腕を胸の前で組み、軽くひざを曲げて立つ

2.息を吸いながら、お尻を突き出すように、3秒でおじぎをする

3.息を吐きながら、3秒で背中がピンと反るまで、身体を起こす。

5〜10回行う

★6秒スロートレーニングで「背中に筋肉」を作ると

☆姿勢が良くなる

☆骨盤のゆがみの予防改善

☆心肺の機能向上

☆認知症を予防


★ ポイント6 ★

●背中の6秒スロートレーニングを行ったあとは

必ず「背中と脚伸ばし」10秒間行う



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.