10/20 若い人に急増!味覚障害

スポンサードリンク

 

若い人に急増!味覚障害

人は年とともに味覚が衰えるものですが、味が感じられない、薄く感じる。
そんな味覚障害が、20代〜30代の若い世代に増えて、国民病になりつつあります。


朝日新聞(2005年07月17日付け)によると、

国内の味覚障害患者は、推定約24万人で、13年前の1.8倍に増加!
(日本口腔(こうくう)・咽頭(いんとう)科学会の調査)


味を感じるセンサーとなるのは、「味蕾」。
舌の表面や上アゴの奥に約7000個分布されています。


味蕾の中の「味孔」から味の成分が「味細胞」に入り、
「味覚神経」を経由して脳に伝わりますが、
味覚障害は、この経路に異常が生じた症状です。

一口に味覚障害と言っても、

味の感じ方が鈍る味覚減退・感じなくなる味覚消失
違う味に感じる異味症、何を食べても嫌な味に感じる悪味症
口にいれていないのに苦味や渋味などを感じる、甘みだけがわからないなど、
さまざまな種類があります。


★若者の味覚障害の原因は食生活の乱れからくる亜鉛不足?


味蕾に異常が生じる要因は、神経系の疾患、心因性、クスリの副作用、
そして最も多いのが亜鉛不足によるものです。

亜鉛は、新陳代謝に不可欠なミネラルで、亜鉛が不足すると、
味細胞の新陳代謝が滞ってしまい、味覚センサーが鈍ってしまうのです。

亜鉛は、筋肉や骨、肝臓などに分布していますが、体内で合成できず、
食物から摂取しなければなりません。

味覚障害は、新陳代謝がおちてくる50代以上の中高年に多く見られていましたが、
最近は特に20代を中心とする若い人にも増えています。

若い世代やさらに子どもにも広がる原因は、食生活の乱れ が指摘されています。

彼らが頻繁にとっているファーストフードやコンビニ食品、
清涼飲料水などに含まれているフィチン酸やポリリン酸などの食品添加物には、
亜鉛の吸収を妨げる作用があるのです。

また若い女性に見られる過激なダイエットなども、
栄養が偏りがちで亜鉛不足の原因になりやすいと見られています。

仕事が忙しいことの精神的なストレス、
さらに食事もままならないような不規則な生活の中で、
味覚障害になった人も!

人間にとっては、食事は、ただ生きるための栄養補給だけでなく、
楽しみでもありますから、味わう楽しみが奪われることは、
想像以上に辛いことです。

味覚障害になっても、早めに病院で診察を受けてクスリを飲めば、
早くて1.2カ月で治るそうですが、やはり食事やストレスなど、
生活そのものを見直すことも大切です。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.