11/06「あるある」毛細血管が消える

スポンサードリンク

 

番組内容を詳しく紹介!

11/06 あるある大事典2

あるある 早期発見シリーズ第4弾 「毛細血管が消える!?」


手足など身体の先に走る血管が「毛細血管」です。


しかも、先端だけでなく、全身くまなく網の目のように張り巡らされてます。
全身に1500億本あると言われるこの毛細血管が全身の細胞に栄養を運びます。


しかし、今、この毛細血管が無くなってしまう症状が続出!!!


毛細血管の異常が「冷え性」などの症状だけでなく、
体内の免疫力を低下させる原因になることが分かってきました。


血がほとんど通っていない、「スケスケ」毛細血管の姿を顕微鏡画像で見ると、
とんでもない現象が起こっています!!一目瞭然とはこのこと!!


番組では、毛細血管を正しい状態に戻すための
さまざまなメンテナンス法をご紹介。


★あなたの毛細血管は大丈夫? 簡単!! 耳折りチェック

左右両方の耳を上と下から押しつぶすように、人差し指と親指で耳をはさんで
二つ折りまげてみてください。耳の後ろ側にどんな感じがしますか?

私は、痛みを感じませんでした。
これって・・・痛いほうがいいの?それとも痛くないほうがいいの?


(1)軽く痛みを感じる
(2)そこそこ痛みを感じる
(3)折っているのに痛みを感じない

痛みを少しでも感じた方は要注意です!!!


耳は毛細血管が集まる場所です。
耳に痛みを感じている人の耳の毛細血管が消えているかも?!


全身の毛細血管の血流が低下して老廃物がきちんと排出できていない可能性が。


この、痛みを感じた人の毛細血管を特殊な顕微鏡で監察してみると。。。
なんと、毛細血管が見えない!消えている?!


血液が流れていないので、「スケスケ」状態になっている人が圧倒的に多い!!
これには、担当していた医師もビックリ!!


★毛細血管が「スケスケ」になる原因


毛細血管は全身の細胞へ酸素や栄養を供給し、
二酸化炭素や老廃物を回収する機能があります。


「スフィンクター」という毛細血管の入口にあるコイル状の筋肉は、
毛細血管の血流をコントロールしている門番です。


寒くなると、このスフィンクターが収縮して、毛細血管の血流を悪くして
身体の温度を逃がさないようにしているのです。

ところが、ストレスなどで、このスフィンクターが閉じたままになっていると、
外気温に関係なく毛細血管の血流量が減り、「スケスケ血管」になるのです。

とくに女性に多く見られます。


★毛細血管のスフィンクターが閉じているとどうなるのか?


激しい冷え性がまずおこります。さらに、免疫力が低下します。
たった1℃、体温が下がるだけで、なんと、37%も落ちるのです。

全身の臓器が機能低下する大ピンチです。
風邪をひきやすかったり、また、重篤な病気にかかりやすくなります。


★毛細血管のもう一つの異変!!「変形」


毛細血管が枝分かれ・変形するという現象も多々見られました。


血液は流れているので「スケスケ」ではないのですが、
毛細血管の形が、いくつもに枝分かれしたり、ねじれていたりと、
妙に変化している「グニョグニョ」状態です。


★血管が「グニョグニョ」になると、どうなるのか?


末梢神経に栄養成分がきちんと届かない為に、全身の機能障害を起こします。
これが、動脈硬化の原因にもなるのです。


★毛細血管が「グニョグニョ」になる原因?


血液中の糖や脂肪の多いドロドロな血液が、血流が悪くして目づまりをおこし、
血管壁をこすりながら、血管壁を傷つけながら通って行くので、
毛細血管が「グニョグニョ」に変化してしまうのです。

こうなると、末梢神経に栄養がいかず、感覚が鈍くなるなど機能低下の原因にも!

血液検査などで、「高脂血症」や「糖尿病」に該当する人は、
もうすでに、「グニョグニョ」になっているかも!!

とくに男性に多いので要注意ですよ!。

過度なアルコール、偏った生活、高脂肪・高カロリーの生活をあらため、
規則正しい食生活と、適度な運動を行いましょう


★毛細血管を改善できる「あるある式方法」


毛細血管のスフィンクターを開かせ、血流をよくするには温めることが基本!

腰の仙骨周辺には自律神経が密集しており、
ここを温めると全身の毛細血管への血流がアップしてきます!


【蒸気温熱法】

蒸気などの湿気を伴った熱で身体を温めると、
身体の深部にまで熱が伝わり効果的!

ペットボトルに40℃のお湯を入れ、お湯でぬらしたタオルで巻き、
腰の仙骨の部分(お尻の上あたり)にあてます。(1日2回15分)


【ぶるぶる運動】

仰向けに寝て両手両足を上に伸ばし、小刻みにぶるぶると震わせます。
(朝晩2回、2分間)

この体勢が辛い人は、足を垂直にあげる必要はありません。
また、片足30秒ずつで行ってもOK! 決して無理はしないでください。

手足を振るわせることで毛細血管の出口である静脈の血流がアップ、
毛細血管の目づまりが解消されるそうです。


□志村けんプロジェクト   血管の流れを改善する食材

「ひじき」

ひじきに多く含まれる「鉄分」が新しい血液をつくりだします。

また「ヨード」は心臓を働かせる「チロキシン」の材料となり、
全身の毛細血管の血のめぐりをよくします。

「ヨード」は脂溶性なので油で調理すると吸収がよくなります。


【ひじきのレシピ】

1.ひじきと、千切りにした人参、たまねぎと一緒にあげて、「かきあげ」

2.ひじきをだし汁にまぜて、「出し巻き卵」

3.鳥のひき肉と卵、ひじきを入れて、「豆腐ハンバーグ」


□世界あるある最新報告  オーストラリアの免疫力を高める「副産物」

「モルケ(乳清)」

飲むと免疫力が高まり、風邪をひかなくなった…ということで、人気!!

今までなら、捨てていられたチーズを作るときの絞り汁のこと!

含まれている「ラクトアルブミン」という水溶性タンパク質が
免疫力を高める効果があります。

今では、果汁を加えて飲みやすくした飲料がスーパーでも並んでます!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.