11/24 醤油に血圧効果、血糖値抑制など驚くべき健康効果

スポンサードリンク

 

 
 塩分の摂りすぎが身体によくないことはわかっています。
 高血圧や、動脈硬化の引き金になるからですね。
 
 詳しくは
 http://ketsueki.doremi3.com/archives/2005/11/post_61.html
 
 
 あなたは、お醤油の「塩分」って血圧に悪いと思っていませんでしたか?
 
 
 実は、私も、お醤油は塩分が多く含まれているから、
 なるべく摂らないように、薄味にしようと心がけていました。
 
 
 ところが、意外にも!お醤油に含まれる成分には、血圧を下げたり、
 血糖値抑制など、驚くほど多くの健康効果があるのです。
 
 
 ★お醤油は、血圧をあげない? 

 
 お醤油に含まれているアミノ酸や香り成分には
 高い健康効果があることがわかってきました。
 
 
 「ニコチアナミン」・・・アミノ酸の一種
 
   血圧を上げる酵素を阻害して血圧の上昇を抑える作用があります。
 
 「メラノイジン」・・・お醤油の褐色色素
 
   大豆が発酵・熟成するプロセスで生まれるアミノ化合物と糖が
   化学反応を起こして生じる化合物ですが、
   これも血圧降下作用があることが分かっています。
 
   また、コレステロール低減、食後血糖値上昇抑制などに作用します。
 
 
 「香り成分」
 
    抗酸化作用が強いことから活性酸素抑制作用、ガン抑制作用などの
    研究が盛んに行われています。
 
 「その他」
 
    動脈硬化抑制や花粉症抑制、菌の繁殖を抑える作用など、
    お醤油に含まれている成分が多くの健康効果や働きがあることが判明!
  
 
    またお醤油には、過酷な環境でも生きて腸まで届く
    話題の「植物性乳酸菌」も含まれています。
 
 
 
 ★お醤油は意外に塩分が低い
 

 
 お醤油は塩分が高いと思われがちですが、1g中で比べると、
 
 食塩、約1gに対して、お醤油(濃口)は約0.14g。しか含まれていません。
 
 
 でも、だからといって、お醤油の健康効果を期待して、
 お醤油を飲むなんてことは絶対にしないでくださいね〜〜!!
 
 
 お醤油が使えると、
 風味を楽しみながら食事がぐっとおいしくなりますね!
 
 
 お醤油は直接かけるのではなく、小皿にお醤油を入れて、
 少量をつけて使う方がよいでしょう。
 
 
 余分な塩分を排出するカリウムや食物繊維を多く含む野菜や海藻、
 大豆製品、フルーツなどをしっかり食べることも意識しておきましょう。
 
 
 参考までに。。。高血圧を予防・改善する栄養素とは?
 http://ketsueki.doremi3.com/archives/2005/11/post_74.html
 



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.