11/24「おもいッきり」生活習慣病を予防する3つの深呼吸法

スポンサードリンク

 

 
 おもいッきりテレビ11月24日木曜日 放送分
 
 
 【テーマ】
 
 普段はあまりふくらませない「肺」を充分に使うと
 「プロスタグラニジンI2」という生活習慣病予防に役立つ物質が
  体内で作られる!
 
 
 1日3回!肺を十分に膨らませる3つの深呼吸法 

 
 朝の深呼吸法 → 血圧の安定・動脈硬化予防・血栓予防
 
 昼の深呼吸法 → 血糖値安定・体脂肪を減らす
 
 夜の深呼吸法 → リラックス効果・快眠
 
 
 【先生からの一言】
 
 
  「呼吸」は普段気にもとめずに行っていますが、
 「深呼吸」を意識的に生活にとり入れると健康に非常に役立ちます。
 
 
 ★ ポイント1 ★
 
 
 肺を十分に膨らませる深呼吸法
 
 【準備】 両腕を後で組んで伸ばしておく
 
 
 
 【腹式呼吸】
 
 1.口をすぼめ。息を「フーッ」と音を立てながら吐ききる。
 
 2.お腹をふくらませるように、鼻から息を9段階で吸い込む
 
   お腹に手をあて、だんだん持ちあげるように、
   1.2.3.×3段階で息を吸い込む。
 
 
 【胸式呼吸】
 
 1.口をすぼめ。息を「フーッ」と音を立てながら吐ききる。
 
 2.胸を広げるように、手を後に引き、鼻から息を9段階で吸い込む
 
   両腕をだんだん後に引くようにして、
   1.2.3.×3段階で息を吸い込む。
 
 
 【注意点】
 
 ●基本的な肺をふくらませる深呼吸は急にたくさん行うと、
 
   めまい、立ちくらみを起こすことがあるので注意
 
 
 
 ★ ポイント2 ★

 
 ●早朝は目が覚めたとき、血圧が急上昇しやすい(早朝高血圧)ので、
   こうした寝たままの深呼吸を行うこと!!
 
 
 朝の深呼吸法 → 血圧の安定・動脈硬化予防・血栓予防
 
 
 1.朝、目が覚めたら、寝床に転がったまま、「腹式呼吸」を 3回
 
 2.上半身を起こして、「胸式呼吸」を 3回
 
 
 ★ ポイント3 ★
 
 ●昼間の深呼吸はこうして足を中心に動かし、
   暖めてから基本の深呼吸を行うとよい
 
 
 肺活量を増やす!!座ったままでできる、ペットボトル湯たんぽ運動
 
 1.ペットボトルにぬるま湯(40℃)を入れる
 
 2.温かいおしぼりを巻き付ける
 
 3.輪ゴムなどでとめる
 
 4.足の裏で転がす(約5分)
 
 
 足の運動効果 + 足の血流アップのために
 
 基本の腹式呼吸+胸式呼吸を5セット行う!!
 
 
 
 ★ ポイント4 ★
 
 
 ●夜は入浴中に深呼吸を行うと水圧で腹筋がへこみやすく息を吐きやすい。
   さらに湿度も高く呼吸器のケアになる
 
 
  入浴中の深呼吸のリラックス効果をさらに高めるためには、
 
 「ミカン・ゆず・グレープフルーツ」などの、皮を湯船に入れて行うとよい。
 
  
 ★ ポイント5 ★ 


 酸素を体内に届けるヘモグロビンを増やす、
 
 赤身の肉・魚(ヘム鉄)と、一緒にとって、吸収率を高める作用があるのは
 
 
 1.野菜(ビタミンC)
 
 2.ニンニクやタマネギ(フラクトオリゴ糖)
 
 
 ●鉄分は元々吸収されにくいので食べあわせで吸収をよくする事が大切

 
 
  深呼吸は身体にいい運動になります!ストレス解消にもぴったり!

  毎日の日課に加えてくださいね!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.