12/14「おもいッきり」「働きの良い健康な血液にする3つのポイント」

スポンサードリンク

 


 12月14日水曜日 放送分
 
 
冬の不快症状は「働きの悪い血液」で起きる
 

★働きの悪い血液で起きる、冬の不快症状!
 
冷え・のぼせ・頭痛・肌荒れ・肩こり・不眠・風邪・便秘・疲れ
 
 
★働きのよい健康的な血液にする3つのポイント
 
 
 1.柔らかい血液(赤血球)に造り変える
 
 2.質のよい血液を造る
 
 3.若々しい血液を保つ
 
 
★先生からの一言
 
この時期、血液は1年で最もドロドロになりやすい季節!
早く働きの良いサラサラの血液にすることで冬の不快症状も改善されます。
 
  
★ ポイント1 ★
 
●柔らかい血液(赤血球)に造り変える
 
 【注目情報】
 
 梅干しのクエン酸と糖質が結合してできる化合物(ムメフラール)は
 血液(赤血球)を有効に柔らかくする
                          (食品総合研究所)
 
 
「ムメフラール」は梅干しを加熱しないと生まれない
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 「焼き梅干し湯」
 
 1.アルミホイルに梅干しを乗せ、オーブントースターで6〜7分焼く。
 
 2.湯飲みに焼いた梅干しをいれ、熱湯を注ぎ、ほぐして飲む
 
 *1日3杯  食事の前に飲むと効果的!
 
 
★ ポイント2 ★
 
●質の良い新しい血液を造る
 
●質の良い原料の補給が大切
 
 
 『アボカド』
 
 
 アボカド(1/4個)とかつお節(1g)はみそ汁に入れて
 夕食に食べると効果的!!
 
 
★ ポイント3 ★
 
●若々しい血液に保つ
 
 【注目情報】
 
 うつぶせ寝を実践することで、心肺機能が高まり、
 血液を若々しく健康に保つことができる
 
         (2003年 岩手医科大学)
 
 寝ているとき、寝返りをたくさんすることが大切!!
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 軽い 掛け布団と
 
 硬めの敷き布団で寝る!!
 
 
 さて!!今日から実行してみましょう!!
 



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.