1/15「あるある」ダイエット緊急企画!食べても太らない方法

スポンサードリンク

 

1.あるある大事典2    ダイエット緊急企画!食べても太らない方法

======================================================================

2006.01.15 Sunday 放送


間食は“太る”もと、というけれど、・・・・

でも実は、間食しても,タイミングを工夫するだけで太りにくくなるという
画期的な方法があるのです! 


今日は、太ることなく空腹を満たすことができる!
上手な食事のとりかたをご紹介します!!!


★ 「甘いものは別腹」?!


満腹のときでも、自分の好物のケーキを目の前にすると食べることができる!
というのが、いわゆる「別腹」


これは本当なのか?。。。。実験!!


めいっぱい食べたあるある会員の胃をCTスキャンしてみると、
胃には、食べ物がびっしり!!!


あまり好きではない、おせんべいなどを見せても、変化無しだったが・・・
大好物のケーキを見せると・・・・


なんと!胃の消化活動が急に活発化し、上部には空間が!!!
その分すいた胃に、ケーキは1個。ぺろり!と食べることができたのです。


つまり!「別腹」は存在するのです!!!


ご飯の量を少なくして、ダイエットをがんばっているあなた。


どうしてもがまんできなくなって・・・
ついつい!おやつに手がでてしまう!ってことは、ありませんか?


でもご飯が少ないから大丈夫?と思っていたら、大変なことになっているかも!


間食は、ものにもよりますが、
とんかつ定食くらい、余分にたべるほどのカロリーになってしまうのです。


これでは、絶対にやせることはできませんね!!


★食べても太らないタイミング


え?本当にそんなことがあるの??・・・実験!!


同じ、お菓子を時間帯を変えて食べたときに体内吸収カロリーの違いを測定。


●昼ごはんを食べた後

1.小腹がすいたらすぐ(だいたい食後3時間)

2.我慢して、空腹が耐えられなくなったら(だいたい食後5時間)

3.夕飯まで我慢して、夕飯後に!!(だいたい食後7時間)


●結果

1.<2.<3.

●理由

食後3〜4時間すると胃が空っぽになります。


空腹を長時間我慢すると、生命維持のために体の「飢餓スイッチ」が入ります。


「飢餓スイッチ」が入ると、
食べたときの栄養を、より蓄積しやすい状態になるのです。
つまり、どんどん脂肪を溜め込む体になってしまうと言うわけです。


この「飢餓スイッチ」は食後4時間くらいになるとはいるといわれています。
間食をするのなら、飢餓スイッチの入る前、食後3時間〜4時くらいがベスト!


そこで、スイッチが入る前の午後3時頃におやつを食べるようにすれば、
限界まで我慢してから食べるよりも脂肪として蓄えられる分が少なくすむのです。


サラシア自然派クッキー
http://tinyurl.com/7tmts

豆乳寒天クッキー
http://tinyurl.com/dp5kk

★午後3時に間食がいい!もう一つの理由


午後の3時くらいは、脂肪細胞に脂肪を溜め込むはたらきをする
タンパク質「BMAL1」の発生率が最も低くなるため、
脂肪になりにくいといわれています。


ちなみに夜(午後10時以降)に「BMAL1」はなんと!! 20倍くらいに  


夜中の間食は太りやすい!これは間違いありません!!!


★小腹がすかない食事術


小腹がすくというのは、血糖値が関係しています。


胃で消化された栄養分は、腸に送られ、分解されてブドウ糖になり、
吸収されて、血液を通して体全体に運ばれます。


この血糖値が高いと満腹な気分が持続し、
血糖値が一定値を下回ると低いと小腹がすいてくるのです。


そして・・・「飢餓スイッチ」が入ります。


つまり次の食事まで血糖値の下降をゆっくりさせるようにすると、
間食をしなくてもよくなるということなのですね!


●実験!!


まったく同カロリーのいろんな種類の昼食を食べてもらって、
小腹がすいたら、おやつコーナーへ移動してもらう。

同カロリーなので、食べきれない量から、ちょっとの量まで様々!


●結果

お腹いっぱい食べたはずのおにぎりの人や
ちから(もち入り)うどん、そば2杯の人が、おやつコーナーへ!!

ペペロンチーノ。チャーハン。こってりラーメンの人は
そのまま・・・・さほど空腹は感じていませんでした。


昼食の食べた量に関係なく、小腹はすくことがわかった!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

重要なのは「脂質」


食事のときに適度な「脂質」を摂っておくと、
糖の分解が遅くなり血糖値がゆっくり下降します。


意外や意外!ダイエットに大敵と思っていた「脂質」がポイントとは?!


あなたの昼食は脂肪抜きではないですか??


★小腹抑制食材を摂りましょう!


「昆布」


昆布に含まれる水溶性食物繊維は、腸に幕を作り、
血中への糖の吸収をゆるやかにします。


ごはんを炊くときに昆布を1枚入れて昆布ご飯。

また、蕎麦をカツオだしではなく、昆布ダシで食べるなど工夫しましょう。

わかめなどの海草類も積極的に摂りましょう!!


我が家は毎朝、根昆布といりこのだしで作ったみそ汁を食べています。
だしをとった後の根昆布は刻んでそのままみそ汁の具に!

また、海藻類も酢の物かサラダにして食卓に!


あまり、小腹がすかないので、我が家ではおやつの習慣がないのですが、
これって・・・効果有りだったんですね〜〜〜♪


★でも・・・夜食を、どうしても食べたくなってしまった時は・・・


夜中!!太るとわかっていても、
ラーメンやケーキを食べたくなって食べちゃう人いませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「レモン果汁」


レモンやライムに含まれる「エリオシトリン」というポリフェノールが
腸での脂肪吸収を抑制すると考えられています。


油分を摂り過ぎてしまったら、食後すぐ!
レモン果汁を水で薄めたレモン水を飲み、脂肪化を防ぎましょう。


からあげやトンカツにレモンが添えてあるのは、理にかなっていたのですね!

☆世界あるある最新報告   中国から、今流行のメニューを紹介!!


「酢」

中華料理に欠かせないのが「お酢」です。

中国では、日本でもアミノ酸が豊富な有名な黒酢のほかに、
白酢や赤酢などもあるそうです!さすがですね〜〜!

「お酢入りカクテル」「お酢入りアイスクリーム」も大人気!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.