1/5 ビフィズス菌 インフルエンザ予防に効く!?

スポンサードリンク

 


ビフィズス菌を多めに取る高齢者は、免疫機能が高まり、
インフルエンザウイルスに感染しにくい!


こんな研究結果が出たそうです。


2006年1月4日 読売新聞によると、

茨城県内の介護老人保健施設に入所している高齢者27人(平均年齢86歳)に
2004年11月から毎日、ビフィズス菌の一種「BB536」を1000億個
含む粉末(2グラム)を飲んでもらった。

インフルエンザ流行のピークが過ぎる昨年3月末まで飲み続けたグループ
(13人)には、飲む前に比べて、白血球の殺菌機能が高まる傾向が見られ、
インフルエンザ発症者がいなかった。

一方、1か月半で飲むのをやめたグループでは、14人中5人が発症した。


免疫力の下がった高齢者にとって、インフルエンザにかかりにくくなる効果が
期待できるそうです。

ただ即効性はないので、流行の1か月以上前から飲み続けることが望ましい。


★ヨーグルトを食べましょう!!


身体に良い乳酸菌を含んだヨーグルトは、研究によりさまざまな効果が
確認されています。


特にすぐに確認できるのが、便秘の解消!
そして、腸内ビフィズス菌が増えることで、さらにいろいろな健康効果が
期待できます。


★身体の免疫力を高める


外から来るウイルスや細菌から身体を守るのが免疫の力です。

その力が落ちたとき、人は病気に感染します。
インフルエンザに感染するのも、免疫力が低下しているからですね。


ヨーグルトで元気になる善玉菌の中には、免疫機能を活性化させ、
ウイルスや細菌、がんから私たちを守ってくれるインターフェロンの生産を
助けるものがあります。

また、がん細胞を殺すキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化するものも
あるのです。


ヨーグルトは、免疫の力に変調が起きたときに発病する「がん」予防にも!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.