1/9「おもいッきり」息切れ・息苦しさに要注意!心不全から命を守る予防法

スポンサードリンク

 


1月9日月曜日 放送分

息切れ・息苦しさに要注意!心不全から命を守る予防法


1月に急増する心臓の病気、心不全。


日頃、年のせいにしてる息切れや息苦しさが
重要なサインになっているのです。


命にかかわる心不全から身を守る最新情報です。


★心臓専門医からの警告

日頃、息切れや息苦しさを感じても、年のせいにしていませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

心臓がしなやかさを失い、弱りかけている

「心不全予備軍」のサイン!

★先生からの一言

心不全で命を落とす原因は寒さばかりじゃありません。

中高年は日頃から心拍の動きに注意しておきましょう。

生活の中で予防できることが多くわかってきたので、是非実践して下さい。


★ ポイント1 ★

●心不全を防ぐには心臓の筋肉をしなやかに保つ。

心臓と足の意外な関係


心臓を長持ちさせて心不全を防ぐには、
心臓の筋肉をしなやかに保つことが大切!!


●足の太さチェック


太ももかふくらはぎの一番柔らかい部分を指で引っ張る。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

5cm以上引っ張ることができれば、あなたの足は心臓を守っている!


心臓の筋肉をしなやかに保つために!足やせはしない!!


★ ポイント2 ★

●心不全を防ぐ!

(1)心臓のセンサーを刺激する

【最新情報】

太ももにある心臓のセンサーを刺激すると、心不全を予防し、
息切れや息苦しさが改善される


●太ももの刺激法


1.イスに座り、両手を片足の太ももの上にのせる

2.両手で太ももを下へ強く押さえながら、足を宙に浮かせて7秒間保つ。

3.左右の足で、3〜5回行う。

*毎食前に行うと効果的!

★ポイント3 ★

●心不全を防ぐ!

耳栓で心臓の筋肉をリラックスさせるコツ!

午前中のひと息つける時と、午後4時頃の1日2回。

5〜10分間、耳栓をして目を閉じ、体の力を抜くこと。


★ポイント4 ★

●心不全を防ぐ!

(3)心臓の筋肉に栄養を届ける


心臓の筋肉に栄養を届ける には、

春菊(80g・3本)を1週間に2〜3回は摂りたい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

春菊は血管のけいれんを防ぐとされていますが

「くるみ」と一緒に摂ることで、さらに効果的に働く!!


くるみ



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.