2/16 体内時計の遺伝子、朝の作動が重要

スポンサードリンク

 

体内時計の遺伝子、朝の作動が重要


(2006年2月13日 読売新聞)によると、


ほぼ24時間周期のリズムを刻んでいる哺乳(ほにゅう)類の「体内時計」は、
異なる時間に働く16個の時計遺伝子によって制御されているが、


朝に働く遺伝子のオン・オフ(活性・停止)が正常に作動しないと、
周期リズムが消滅してしまうのだそうです。


16個の時計遺伝子のうち9個は、朝の時間帯に働くので、
「朝型」遺伝子を働かなくすると、昼や夜に働く時計遺伝子にも影響し、
細胞全体の周期リズムが消えてしまうことを確認しているとか!


体内時計の複雑な仕組みの解明は、
睡眠障害の診断や治療薬開発などにつながると期待されています。

★「夜に食べると太る」も体内時計が関与


生活リズムを刻む体内時計に関与するたんぱく質が、
脂質の蓄積に深くかかわっているそうです!


このたんぱく質は、日中に減少し、夜間に増加するリズムを刻んでいますので、
俗に「夜に食べると太る」と言われるが、研究成果はこの仕組みを説明する証拠の
ひとつになるのではないでしょうか?


「BMAL1」と呼ばれるたんぱく質で、BMAL1が脳以外では、脂肪組織に大量に存在し、
肥満によって量が増えることに注目!!


「BMAL1」は、夜間、増加して、エネルギーの補充にかかわっているとみられるので、


BMAL1のリズムに合わせて食事したり、
BMAL1の産生を抑えることで肥満予防につながる」と報告されてます。


(2005年9月9日 読売新聞)

いずれにしても、体内時計の乱れが睡眠障害や時差ぼけをおこすので、
早寝早起きの規則正しい生活習慣が大事だと言うことですね!

体内時計のしくみについて


★体内時計に関する本

  

睡眠リズムと体内時計のはなし
睡眠リズムと体内時計のはなし
日刊工業新聞社
price : ¥1,260
release : 2005/05


仕事、健康、人間関係 最高にうまくいくのは何時と何時?―魔法の体内時計
仕事、健康、人間関係 最高にうまくいくのは何時と何時?―魔法の体内時計
幻冬舎
price : ¥1,575
release : 2003/06

わかりやすい!

全体的に広く浅くわかりやすく書いてある感じがしました。
イラストによる説明や表も多く、見やすいです。運動に適した時間、記憶に適した時間、子作りに適した時間、などなど、飽きずに読みきることができました。おすすめです。


狭心症・心筋梗塞・高血圧・脳卒中 予防と治療Q&A―解明された発病のカギ、宇宙と体内時計の関係
狭心症・心筋梗塞・高血圧・脳卒中 予防と治療Q&A―解明された発病のカギ、宇宙と体内時計の関係
保健同人社
price : ¥2,548
release : 1996/04



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.