2/5 「あるある」肩・背中・腰 コリでわかる内臓疾患

スポンサードリンク

 

2006.02.05 Sunday


単なる肩こりだから〜〜なんて、そのまま放置していませんか?


背中のコリや腰痛があるけど・・・もしかして?内臓疾患の現れかも?

身体の各部に現れるコリは、そこの筋肉や筋などが凝っているとは限らないのです。


内臓の表面の痛みを脳が間違えて肩コリや腰痛と認識していることもあります。


番組では、内臓の病気のサインかもしれない肩コリや、腰・背中の痛みを分析し、
セルフチェック法を解説します。


★「こり」の原因

肩、背中、腰などの「こり」に悩まされていませんか?

その原因が単なる筋肉疲労と思っていませんか?


「こり」の原因はそれだけではないのです!!


1.筋肉疲労

長時間同じ姿勢でいるなどして、筋肉に疲労物質が蓄積すると、
筋肉の痛みを感じる神経が刺激されるので、「こり」として感じます。

「こり」の大部分の原因はこれです。


2.内臓疾患

脳の勘違いにより、「内臓の痛み」を「こり」として感じます。


内臓にトラブルが起きると、その痛みの情報は、脊髄を通り脳へ伝えられます。

しかし、肩こりなどの「筋肉の痛み」の情報も同じルートを通るため、
脳は「内臓の痛み」と「筋肉の痛み」を間違って認識してしまいます。


これを「関連痛」といいます。このことはあまり知られていません!!


あなたの「こり」の原因がもしこれだったら・・・
内臓疾患の大切なサインを見落としているのです!


★各部の「こり」と内臓の関係


臓器自体には感覚神経がなくて、痛みを感じにくいのです。

でも、臓器を覆う膜には感覚神経があり、悪くなって臓器が腫れたりすると
膜が引っ張られて「痛み」を感じます。これが「内臓の痛み」です。


1.右肩こり と 肝臓


肝臓は身体のエネルギーを生み出す重要な臓器です。

肝臓が沈黙の臓器と言われているように、
肝臓自体には痛みを感じる感覚神経がありません。

肝臓の不調は、同じ脊髄の通路を通る「右肩のこり」となり現れます。


【ゴリラチェック】・・・たたいてみる


足を肩幅に開いて立ち、両腕を左右斜め下に構えます。
こぶしを握り、ろっ骨の下辺りを左右交互に10回ほど叩きます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

右側のわき腹の奥の方にズキンと響くような痛みを感じたら要注意!

●脂肪肝・・・肝臓に脂肪の沈着・蓄積が起こっている可能性あり!

また、お酒を飲むと、右肩のこりが強くなる人はいませんか?

これは、肝臓に負担がかかり、肝臓が弱っている!
または肝臓の機能の低下の可能性あります。

そのまま放っておくと、肝硬変、肝臓ガン、胆のう炎、胆のうガンの恐れが!!


【肝臓機能を高める食材】


肝臓を休めるために、お酒を飲まないことがまず一番ですが、

●タコ・イカ・貝類、・・・「タウリン」

●キノコ類・・・「β-Dグルカン」

ゴマ・・・「ゴマリグナン」を 摂りましょう。


2.背中のこり と すい臓


すい臓は血糖値を調整するホルモンを分泌したり、消化酵素「すい液」を生成。

ダメージを受けると血糖値の乱高下や消化不良を引き起こします。

すい臓の不調は、同じ脊髄の通路を通る「背中のこり」となり現れます。


【バンザイチェック】・・・伸びをしてみる


足を肩幅に開いて立ち、背中を丸め前かがみになります。

そこからバンザイをするように背中を伸ばして胸を張って体をそらせます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「気持ちいい!」と感じた人は、筋肉疲労の「背中のこり」

背中の真ん中あたりが痛む場合は要注意。

●すい炎、すい臓ガンの可能性が!!

脂っこい食べ物をとった後、みぞおち、背中周辺が痛くなるひとは、
すい臓の機能低下!ダメージがかなり進行しているかもしれません。


【すい臓機能を高める食材】


まず、お酒や脂っこい食べ物を控えることが一番ですが、

消化を助ける「アミラーゼ」を含む、キャベツや大根を摂りましょう!


3.腰のこりと腎臓


腎臓は血液中の老廃物をろ過して尿として排泄するはたらきをしており、
ダメージを受けると腎盂腎炎などの腎臓疾患を引き起こします。


腎臓の不調は同じ脊髄の通路を通る「腰のこり」となって現れます。


【キョンシーチェック】・・・飛んでみる


足を肩幅に開いて立ち、両腕を水平に前に出しジャンプ。

このとき身体に衝撃が伝わるよう膝はピンと伸ばし、
ひざやつま先のクッションを使わずに、かかとから着地するようにします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腰の奥が響くように痛む場合は要注意。

腎機能の低下、腎盂腎炎・膀胱炎の可能性もあります。

腎盂腎炎は再発しやすく進行すると腎不全にも…


また、トイレをいくことを我慢していることで、
外部から細菌が入り、膀胱や腎臓に炎症を起こしやすくなります。


塩分をたくさん摂ると余分な塩分を尿としてださなければいけないため、
腎臓がフル活動しなくてはいけません。

それで不調を起こしやすくなるのですね。


【腎臓機能を高める食材】


余分な塩分を排出する「カリウム」を含む
バナナやかぼちゃなどを摂りましょう。

ただしすでに腎臓疾患の方は逆効果なので、
ず医師に相談すること!!


☆世界あるある最新報告  タイの大ブーム日本食


 『ワサビ』 


タイではヘルシーな日本食が人気!!そのなかでも人気なのがワサビ


わさびに含まれる辛味成分「イソチオシアネート」は、
血液成分である血小板を固まりにくくし、血栓ができるのを予防します。

血液サラサラ効果あり!!

てんぷら、やきとり、寿司、鶏肉などにつけるのはもちろん!
暖かいうどんなどもつけているそうですよ!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.