3/30 死因トップはガンではない!?

スポンサードリンク

 

「日本人の死因のベスト3を知ってますか?」


「1位がガンで、2位と3位は心疾患と脳血管疾患 となっています!」


その通り!!

でも、2位の狭心症や心筋梗塞などの心臓病と3位の脳梗塞などの脳血管障害は
共に血管が狭くなって詰まる病気…つまり動脈硬化症なんです。


動脈硬化で脳の血管が詰まるか、心臓の血管が詰まるかという違いです。


ですから、これら二つの疾患を共に動脈硬化症というくくりで見れば、
実は死因第1位の悪性腫瘍(ガン)に匹敵する死因が動脈硬化症ということ。


ただし、ガンに比べて動脈硬化症というのはその危険因子が明確なため
予防しやすいという特徴もあります。


動脈硬化症のリスクを高める危険因子には

「加齢」「性別(男性)」「遺伝」など、変えることができない「不変因子」

「高血圧症」「高脂血症」「耐糖能異常」「肥満」「喫煙」「運動不足」
「ストレス」など、改善できる可能性がある「可変因子」との2種類があります。


動脈硬化症を予防したければ、この「可変因子」を減らしていくことが大切です。

詳しくは
肥満と動脈硬化の怖い関係



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.