4/9「あるある」損する身体リセットSP

スポンサードリンク

 

2006.04.09 Sunday


「太りやすくなった」「老けた気がする」「最近疲れやすい」・・・などなど

最近身体の調子がなんだか冴えないと思っているあなた!!


もしかして?足りないものは、体内のさまざまな酵素かもしれないですよ!


3000種類あるといわれる酵素のどれが欠けても
身体に不具合が発生するといわれています。


また、体内の酵素を主に作っている、すい臓・肝臓が悲鳴をあげるような
よくない生活習慣を送っていませんか?


今回の放送は、よくない生活習慣例をスタジオゲストの密着取材から徹底分析。
さらに、肝臓とすい臓を助けながら、損だらけの身体を根底から改善する秘策を
発掘します。


この春は、得する身体にリセットして新しい生活のスタートを切りましょう!


★酵素の力とは?


(消化酵素)心拍・呼吸・脳の活動など生命維持のエネルギーを作る

(代謝酵素)アミノ酸を使って全身の細胞を新しく生まれ変わらせる

(解毒酵素)体内に発生した有害物質を肝臓などですばやく処理する


全身で働く酵素は300種類といわれ、この酵素の原料は全てアミノ酸。


食べ物を消化する消化酵素もこのアミノ酸から作られているので、
消化酵素がきちんと使われないとアミノ酸切れになり、酵素が不足する原因にも!


★つまようじ チェック!

あなたが、老けやすい身体かどうか?チェックしましょう!

1.つまようじを1本用意。

2.片手につまようじを持ち、その先の1センチほどを、
  舌をべーと真下に伸ばし、舌の先端にぺたっとくっつけます。

3.そのまま一秒間隔で舌を左右に唇の端に当たるまで、振ります。


あなたは何回振ることが出来ましたか?


15回よりも、少なくても多くても、老けやすい体です。


15回より少ない人は消化酵素を無駄使いしているのかもしれません。

アミノ酸の不足、や酵素の無駄使いが、あなたの老けを加速させる!!!


★消化酵素のムダ使いが老ける原因に?


私たち人間の身体はたんぱく質が原料に作られています。

アミノ酸は肌や髪など体の細胞をつくる材料になる他に、
消化酵素など生命活動に欠かせない酵素の材料にもなっています。

また、新陳代謝が活発になるとアミノ酸を古くなった細胞と入れ替えることで、
身体がいつも元気でいられるのです。

もし、消化酵素をムダ使いしてしまうと、優先順位の低い肌や髪などに
アミノ酸が使われなくなり、新陳代謝が悪くなってしまいます。

また消化酵素を分泌するすい臓にも負担がかかります。


身体の中にアミノ酸の貯金がある人ほど、ふけにくいといわれています。
そして、このアミノ酸の働きを助けるのが「酵素」なのです。


★老けやすくなる食べ方

あなたの食べ方をチェックしてみましょう!!


●ながら食い

話に夢中。テレビを視るなど、食べるものを見ないで、
「ながら食い」をしていると、唾液(アミラーゼ)があまり分泌されません。


●よく噛まない

のど越しで食べ物を検知することのよって、胃液が分泌されます。

きちんと噛まないで、大きい塊のまま飲み込んでしまうと、
胃液の準備が出来ないうちに、胃の中に多くの食物がとどいてしまいます。

胃液での消化が効率悪くなるので、余分に胃液を分泌するなどして
消化酵素の無駄使いが多くなってしまいます。


●麺類が好き

麺類は、よく噛まないでたくさんの量を食べてしまいがちです。

あまり、噛まないですするように食べると、咀嚼回数が減り
唾液が減ってしまうので、注意してください。


●食事中の水分の取りすぎ

水分を多く摂ると胃が膨らんでしまいます。
胃が膨らんでしまうと必要以上の胃液がでてしまいます。

さらに水で薄まるために、より多くの胃液を使って
食べ物を処理しなければならないので、無駄使いになります。


●油ものが好き


油ものは、すい臓から腸に分泌されるすい液で消化されます。

このすい液を作るには1000種類以上のアミノ酸が必要です。
すい液を使えば使うほど、アミノ酸がどんどん消費されるのです。

油ものを多く食べると、それによってすい臓が使いすぎになり、
ダメージを受けて、はれてしまったり、すい炎などのトラブルを起こすのです。


★老けにくい身体を作る

唾液・胃液の分泌をアップして、すい液の消費を少なくすることがポイント!


1.食べる前に料理をしっかり見る

唾液の分泌を促し、消化を促進してくれます。これが基本です。
食べる前に30秒、料理を見るのがベストです。


2.胃を温めましょう!


胃液のために暖かい飲み物を飲むようにしましょう。

胃液は、37度前後で消化効率がアップします。

ですから、食事時に冷たい飲み物・冷たい食べ物を食べると
胃液が上手く働きません。

食前、食後に熱いお茶をいっぱいいただくだけでも全然違いますよ。


★足組みチェック


太りやすい・疲れやすい体をチェックしましょう!

あなたの解毒酵素は大丈夫?

1.リラックスした姿勢で椅子に座りどちらか楽なほうで足を組みます。

2.両手を軽くひざの上においてください。

3.足を組んだ状態で、右に45度、左に45度向いてみてください。


あなたは、組んだ足は右が上ですか?左が上ですか?

右と左、どちらを向くのが楽でしたか?


右足、右むきのパターンの人は、
肝臓への血液を妨げる太りやすい・疲れやすい身体です。


一番いいのは左向き、左足です。


★解毒酵素の使いすぎは肝臓に負担!


ストレスがかかると体内に有害物質のアンモニアが増えます。

アンモニアを処理しようと肝臓は解毒酵素をつくるため、
アミノ酸を大量に消費してしまいます。

その結果、基礎代謝までアミノ酸が回らず太りやすい・疲れやすい体に!


あなたの身体は大丈夫?チェックしてみましょう!


●よく生あくびしている

眠くもないのにあくびをしていませんか?

アンモニアによって活動が低下すると脳が自ら活性化しようと働き
あくびがでます。


●よくのどが乾く

血液中のアンモニア濃度が高くなるとそれを薄めようとして
身体が水分を要求します。


●人よりも寒がり

基礎代謝が悪いために、アミノ酸を節約しているシグナルです。


●背中の筋肉が衰えて、猫背になっている

背中の筋肉はアミノ酸を節約するためによく使われるのだそうです。

右むき、右足を組んだ人は、典型的な猫背姿勢で、
なおかつ肝臓への血流をもっとも妨げやすい姿勢なのです。


●辛いものが欲しくなる

解毒にいっぱいいっぱいの、肝臓が代謝アップをもとめているシグナル


★疲れにくく、太りにくい身体に改善しましょう


消化酵素と似た働きをするのが、食物酵素です。

この食物酵素をとれば、消化酵素の手助けをしてくれるため、
内臓の負担が減ります。

ですから、あなたの足りない部分にアミノ酸を効率よく使えるようになります。


おすすめは発酵食品!!

発酵食品は、脂質の分解を助ける酵素が豊富に含まれています。

納豆、キムチ、ヨーグルト、ナチュラルチーズなどの発酵食品は
自ら酵素を持っていて発酵し続けています。

ほかにも、パパイヤ、キウイ、パイナップル、水菜などのアブラナ科の野菜には
たんぱく質の分解を促してくれるので酵素の節約になります。

ただし、加熱すると酵素が壊れてしまうので、加熱しないで、生でどうぞ!

★飛び降りチェック


あなたの老人性不器用をチェックしましょう!


1.椅子など、少し高めのところにのぼる

2.できるだけ音を立てないように、そっと飛び降ります。


思うように小さい音で着地できない人は要注意です。
筋肉をうまくコントロールできない老人性不器用かもしれません!?


簡単そうで案外難しいこのチェック!!

出来る人と出来ない人の違いは「筋肉」なのです。


★筋紡錘の衰えは体のゆがみ・疲れやすい体に


歳をとると筋肉の動きを脳に伝える神経「筋紡錘(きんぼうすい)」が衰え、
筋肉の動きをコントロールできなくなってしまいます。


また、加齢だけでなく運動不足でも衰えます。


この全身の筋肉に備わっている神経線維の束の感度が鈍ると、

自分で越えたと思ったのに肥えてなくて足がひっかかったり、
手元が狂うことが多くなってきたりします。


★老人性不器用を改善しましょう!


●手の甲に落とさないようにモノを乗せる


●コインやおはじきを飛ばしてみる

きまった枠の中に指先ではじいて入れてみましょう。

指をそらしたり、普段しない動きを手足で行うことが大切です!!


ドットベジー 酵素液



商品購入
★■g-img■送料と代引き料が無料!!!!徹底的にカラダを「掃除」!美肌も美線も手に入る!!?【ドッ...

価格:¥8,800
発送時期:1週間以内


強力濃縮された酵素が、3日で体を大修復!
凄過ぎるこの高確率。全国から「私にも出来た」の声が続出中!!

本気でダイエットしたい方にこそ使って頂きたい酵素液です。

たったの「3日間」連続で飲むだけで…、
なんと「−3kg」+「痩せやすい体質」が長く手に入る!!

それは強力な体内洗浄を行うダイエット。

胃、腸、血液をキレイにすることで、体全体の代謝をあげることで有名です。
あなたも、今まで生きてきて一度も洗浄することなかった
胃・腸・血液・体全体を、 3日間集中して、毒だし洗浄してみませんか?



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.