5/25 赤ちゃんのアレルギー性鼻炎、親の喫煙でリスク3倍

スポンサードリンク

 


(2006年5月18日 読売新聞)


紫煙の漂う室内で育った赤ちゃんは、親がアレルギー体質だった場合、
1歳までにアレルギー性鼻炎を発症する割合が3倍に増えることが、
米シンシナティ大(オハイオ州)の研究で分かりました。


調査の対象としたのは、親がアレルギー体質の乳児633人。


喫煙状況も含めて各家庭の室内環境などを調べ、
1歳までに現れた呼吸器系症状との関連を分析。


その結果、室内での1日の喫煙本数が20本以上という家庭の乳児は、
家族が全くたばこを吸わない家庭の乳児に比べて鼻炎の発症が倍増、


特にアレルギー性鼻炎の発症は3倍に上ったそうです。


また、かびの繁殖が目立つ家では、かびが全く見られない家に比べ、
アレルギー性鼻炎が3倍、鼻や耳の炎症を伴い、
抗生物質の投与を受けるほどの風邪にかかる割合は5倍に達したとのこと。


なお、今回の調査では、兄や姉が多いほど、鼻炎の発症が減る傾向がみられた。


これまでも、細菌などに感染する機会が増えると、
アレルギーを抑える免疫細胞が活発になるという説が唱えられてきたが、
「兄や姉の効果を0歳児で確認したのは初めて」としている。


あなたの家庭。赤ちゃんは大丈夫ですか?

これからの季節。カビにも要注意ですね。

「毒消し」でアレルギーは抑えられる―花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくにお悩みの方へ
「毒消し」でアレルギーは抑えられる―花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくにお悩みの方へ
主婦の友社
price : ¥1,260
release : 2006/03


名医のわかりやすい花粉症・アレルギー性鼻炎
名医のわかりやすい花粉症・アレルギー性鼻炎
同文書院
price : ¥1,260
release : 2005/02

ためになりました

自分の使っている薬がどんなものか知る機械がなかったので、
その点でためになりました。
当然ですけれども、こういったことをするば治るといった内容
が書かれているわけではありません。
病気の種類、治療法、薬の種類等、最新の情報が網羅されています。
読み終えて、自分の病気とがんばって付き合っていこうという気になりました。
医学用語で病名、薬の名前などが、本のいたるところででてきますので、
ちょっと私には読みずらかったけど、とりあえず読みきりました。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.