6/1 精子の数、日本男性が最下位?!

スポンサードリンク

 


(2006年5月31日 読売新聞)

少子化が叫ばれる昨今。ちょっとショッキングなニュースがありました。


日本人男性の精子数は、フィンランドの男性の精子数の約3分の2しかないなど、
調査した欧州4か国・地域よりも少ないことが、
日欧の国際共同研究でわかったそうです。


この調査は、環境ホルモンが生殖能力にどう影響するか調べるのが目的ですが、
精巣がんが増えているデンマークの研究者が提唱し、日本からも参加。


神奈川県内の病院を訪れた、20〜40歳の日本人男性324人
(平均年齢32.5歳)の精液を採取。


年齢などの条件は各国でそろえ、禁欲期間の長さの違いによる影響が出ないよう
補正して、各国男性の精子数を統計的に比較したところ。


日本人男性は他国の男性よりも禁欲期間が長く、
日本人の精子数を100とすると、フィンランドが147、
スコットランド128、フランス110、デンマーク104で、日本が最低という結果でした。


ただ、環境ホルモンの関与が疑われる精巣がんや生殖器の異常の発生率は、
日本人男性では非常に低かったそうです。


研究チームは「精子数の違いは栄養や生活習慣、人種差などが
関係しているのではないか」としているそうですが、
今後の環境汚染が心配ですね。


超少子化―危機に立つ日本社会
超少子化―危機に立つ日本社会
集英社
price : ¥714
release : 2000/07

意識の変化と社会の変化

 出生率の低下はまだ大きな問題を生んではいない。子供が大人に成るまでには長い時間がかかるからかもしれない。それだけに問題が起きてからでは解決するのに長い時間がかかってしまう。本書は少子化の原因をいろいろな側面からとらえている。特に女性の社会進出や意識変化を要因に挙げている。ほんの少しの男女の意識の違いが少子化の大きな要因となっているところが興味深い。著者は女性であるが、本書を読むと少子化はどちらかといえば女性の方に原因があるようだ。本書の中に女性は日本最後の資産という言葉が出てくるように女性に対する社会環境をもっと考え取り組まなければいけないと思った。

社会調査から見た少子高齢社会
社会調査から見た少子高齢社会
ミネルヴァ書房
price : ¥3,675
release : 2006/04


少子化の流行―その原因と対策
少子化の流行―その原因と対策
同時代社
price : ¥1,575
release : 2006/05



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.