脂肪取り過ぎか?働き盛り男性が心疾患死

スポンサードリンク

 


いよいよ、恐れていたことが現実となってきたようです。


今回の報告は、欧米型食生活を長く続けることが、
虚血性心疾患による死亡に結びつくことを示唆する初のデータです。


今の若者の食生活における脂肪摂取量の多さを考えると、
死亡率は今後も上がる可能性が高いでしょうね。


今こそ、食生活を見直さないといけない時なのではないでしょうか?


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

(2006年7月30日 読売新聞)


大都市で増加


 狭心症や心筋梗塞(こうそく)など虚血性心疾患による死亡率が、東京・大阪の30〜50代男性で上昇に転じたことが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の分析で明らかになった。


 虚血性心疾患による死亡率は、男女とも1970年代から下がり続けていた。脂肪分を多く摂取する欧米型食生活の影響が、ここにきて大都市部から表れ始めたとみられる。

 センターの岡山明・予防検診部長らは、1968〜2003年の国の人口動態統計で、30〜69歳を対象に、東京・大阪地区と、その他の地区に分け、この病気による死亡率について年齢構成の偏りを補正して分析した。


 その結果、東京・大阪地区の30〜59歳男性について、この病気による人口10万人当たり死亡率は、1993〜94年には21・6人まで下がっていたが、90年代後半に上昇に転じた。2002〜03年の統計では、26・4人と、1969〜70年と同じレベルまで上がった。


 大都市部ほど顕著でないものの、他地区の男性や女性全般についても、死亡率の低下が止まり、横ばいか微増の傾向がうかがえる。


 虚血性心疾患の発症には喫煙や家族の発症歴など様々な要因が絡んでいるが、食生活の影響が大きく、先進国の中で脂肪摂取量が比較的少ない日本の死亡率は、欧米の約3分の1にとどまっていた。岡山部長は「欧米型食生活を長く続けることが、虚血性心疾患による死亡に結びつくことを示唆する初のデータだ。若者の脂肪摂取量の多さを考えると、死亡率は今後も上がる可能性が高い」と話している。


[解説]食生活の再考必要
 喫煙率が高く、血中コレステロール濃度も増えているのに、虚血性心疾患の死亡率低下が続いていた日本。この不思議な現象は、専門家の間で「ジャパニーズ・パラドックス」と呼ばれてきた。


 なぜか。危険因子のひとつ、悪玉コレステロールは、濃度の高い状態が続けば健康に悪いが、短い期間なら影響は少ない。60代以上の日本の高齢層は、子ども時代は粗食で、後に十分栄養をとるようになった。国立循環器病センターの研究チームは、そうした食生活の変遷が健康面では良かったとみている。


 高血圧も同疾患の発症に直結する危険因子だが、戦後、塩分控えめで血圧が上がりにくい食生活が普及したことも大きい。


 だが、これらは、熟年世代の話。働き盛りの若い世代に関し、磯博康・大阪大教授は「血圧低下などの効果を、コレステロールや肥満、糖尿病の増加などが打ち消し始めた可能性がある」と語る。


 死亡率上昇を、食生活を再考するための警告と受け止めるべきだろう。(科学部・藤田勝)

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.