BODY 驚異の人体探検

スポンサードリンク

 


人の身体の中ってどんな風になっているのか知りたくないですか?

私は、臨床検査技師の学校に通っていましたので、
解剖学の教科書などで、人間の体をつくる様々な臓器や器官を見ました。

でも、それは、人が描いたもので平面的なものです。


それが、現代の技術の進歩により、立体的な地図のように、精細に再現!!

解剖学の詳しい研究をもとに、
コンピューターグラフィックスの最新の技術を用いて描かれるようになりました。


健康のことも!ダイエットのことも、まずはこの1冊!!


「BODY 驚異の人体探検」(リチャード・ウォーカー文、坂井建雄監修)


体のシステム、頭、上半身、下半身の4部構成で、
体の画像とともに解説が添えてあるので、とてもわかりやすいです。


「体でいちばん小さな骨はどれくらいの大きさ?」

「体の中の血管をすべてつなぐと、どのくらいの長さになる?」

「つめが伸びる速さは夏と冬で同じ?」

など、

楽しい科学知識も盛り込まれているので、子どもさんにも興味が持てる内容です。

医学関係者向けの少し難しい内容も含まれてはいるのですが、
ページをめくるたびに、体についての新しい発見があります!!

何よりも、人間の体の美しさに驚かされますよ。

やはり、神が造られたのかも?!

BODY―驚異の人体探検
BODY―驚異の人体探検
山と溪谷社
price : ¥3,360
release : Now On Sale



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.