健康食品の利用約8割!

スポンサードリンク

 

健康食品の利用に関する3万人調査結果が公開されました。


調査は7月26日〜31日の期間、インターネット上で実施。
有効回答数は2万8818。性別の内訳は男性47%、女性53%。


それによると健康食品の利用経験者は82.1%に達し、
29.8%は「ほぼ毎日利用している」と回答。


アンケートのおもな内容としては、


健康食品の利用目的

「日常的な健康の保持増進」という回答が68.1%で最も多く、
「特定の栄養成分の補給」(39.9%)、「美容やダイエット」(33.6%)と続いた。


★利用している健康食品の形態

「カプセル・錠剤」という回答が76.1%と最も多く、
「飲料」が32.6%とこれに次いだ。


★利用のきっかけ

「テレビ番組番組を見て」(27.7%)「インターネットで見て」(26.1%)が多く、
「家族・親類から勧められて」(23.5%)、
「商品のパッケージを見て」(23.4%)といった回答もあった。


健康食品に関する不具合の経験

「期待した効果が得られなかった」という回答が39.6%、
「体調が悪くなった」という回答も6.4%あった。


★不具合を予防するための情報源

「新聞」という回答が63.9%で最も多く、
これに「家族・親類」(63.4%)、「友人・知人」(58.7%)と続いた。


詳しくは、
健康食品の利用に関する3万人調査 [自主・共同調査結果] - gooリサーチ


あなたは、この結果をどう見ますか?


健康食品の利用のきっかけが、テレビやインターネットが多いのですが、
健康食品の信頼度となると、口コミや新聞よりも劣るというのは、
わたしもそう感じています。

あまりにも、誇大広告?!と思われる情報が多いですもの。


健康食品に頼る前に、普段の食生活と生活習慣を見直しましょう。


人気サプリメントのウソとホント―トップ33品目を徹底検証する
人気サプリメントのウソとホント―トップ33品目を徹底検証する
講談社
price : ¥680
release : Now On Sale

食品・化粧品危険度チェックブック―買ってはいけない商品を成分表示から判定できる
食品・化粧品危険度チェックブック―買ってはいけない商品を成分表示から判定できる
情報センター出版局
price : ¥1,155
release : Now On Sale

家庭に必携の1冊

先日、あるサイトでマーガリンや食用油脂に含まれるトランス脂肪酸の害について知る機会があった。無知ほど恐ろしいものはない。もともと有機野菜の宅配を利用し、極力できあいのものやファーストフードに頼らずに菜食中心の食生活を送ってはいたものの、今口にしているものが本当に安全かどうか、いったい誰が保証してくれるのかというと、自分が知識をもって、賢明に選択をしていくほかはないという結論に達する。この本はそういった知を得るために検索して購入したものだが、ここにとりあげられているものがすべてではないし、データがないからといって、掲載されていないものもある。諦めて汚染されたものを口にするか、少しでも添加物の危険を回避するか、究極の選択でもある。本書は食品だけでなく、化粧品に関してもデータが掲載されているので、特に女性にお勧めしたい1冊。
アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針
アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針
経済界
price : ¥890
release : Now On Sale

食生活を変えよう!和食への道

衝撃的です。ほんとに。初版の発行は昭和63年。16年前です。作者の時代を見る目には敬服します。伝統的な日本食の特徴を失い、欧米食の氾濫する今。特に、ビタミン・ミネラルの不足に警鐘を鳴らす箇所は必読です。
食生活について、再考するための入門書です。


スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.