子どもの肥満。噛み方に注意

スポンサードリンク

 

肥満や、肥満からくる生活習慣病などが、子どもの問題にもなっています。


食事の内容や運動不足が原因ですが、同じ量の食事でも、
「早食い」をすることで肥満を招きやすくなるのです。


免疫力を高める よく噛む

「早食い」は子どもの頃からの習慣で,
大人になってからではなかなか改めにくいですね。


子どもの肥満は、3歳頃の生活習慣の乱れが原因という報告もあり、
乳幼児からの規則正しい生活習慣重要だと言われています。


1.「早食い」の子どもほど、肥満度が高い

2.「一口の量が多い」子どもほど、肥満度が高い

3.「おやつの回数」や「夜食」と、肥満度には有意な関連性は認められない


子どもたちが、将来にわたって健康でいられるためにも、
今から子どもたちには、きちんとした食習慣を指導しておきましょう。


詳しくは

気になる子どもの肥満。まず噛み方に注意 - [食と健康]All About



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.