「あるある」あなたの食べ方は間違っている?!ショウガの秘密

スポンサードリンク

 


専門家がこぞって「身体によい食べ物」としてあげるショウガ。

医療用漢方薬の約70%以上のものに含まれるといいます。


この食材はさまざまな効能を持っているのですが、
「焼く・煮る・ゆでる・炒める・生」などでその効用変化するのです。


ショウガの効能を解説しながら風邪に効くショウガの食べ方、
冷え性に効くショウガの食べ方など、


番組では、状況に応じたショウガの正しい食べ方を紹介。

★弱った体に良いものグランプリ


(1位)ショウガ

(2位)にんにく

(3位)ねぎ

(4位)みかん

(5位)豚肉


★ショウガの食べ方で違う効用


ショウガは昔から風邪の予防や滋養強壮などの効能で知られ、
医療用漢方薬の70%に含まれるほどです。


そのショウガが食べ方によって効能が変わることが
最近の研究で分かってきました。

■生で食べる時の効果 (風邪対策)


生のショウガを食べた後は、ショウガに含まれる辛味成分
ジンゲロールが、免疫細胞を増やして免疫力をアップします。


白血球の数が増えるのですね。
ジンゲロール自体にも殺菌作用があります。


ところが。。。

このジンゲロールは熱を加えると減ってしまいますので、
生で食べると良いでしょう。


また、ジンゲロールは酸化しやすいので、
できるだけ、食べる直前におろすのが正解です。


ジンゲロールは皮の近くに多いので、
皮はスプーンなどで薄くむきましょう。


細かく切れば切るほど、酸化しやすくなるので
ジンゲロールが減ってしまいます。


ショウガの皮をそのままに擦り、すった後の汁にも使用すると
ジンゲロール摂取量が増えます。


ジンゲロールは低温に弱いので、冷やしすぎると低温障害がおき、
成分が減ってしまいます。


冷蔵庫に入れず湿った新聞紙に包んで保管しましょう!


★おすすめ料理


生のしょうがを食べるのに、「ショウガの蜂蜜漬け」。


これをお湯や紅茶で割って飲むとさらに効果的。


また、お茶漬けを食べる直前にショウガの千切りを
上に乗せて食べるなどもいいですね!!

■加熱で食べるときの効果 (冷え性対策)


熱を通すとジンゲロールが減ってしまいます。
その代わりにショウガオールという成分が増えます。


ショウガオールをとると、血管が拡張し、血行が良くなり、
体がポカポカ温まります。


ショウガの保温効果は4時間!!


ショウガオールは煮たり茹でたりするより、炒めると効果が一番。


★おすすめ料理


しょうが焼き、きんぴらショウガ、ショウガの八宝菜、
ショウガ風味のぺペロンチーノ、刻みしょうが入り玉子焼きなど。


風邪を引いたときに飲むショウガ湯はぬるめのお湯にしましょう。
ジンゲロールとショウガオールの両方が摂取できて効果的です。

金時ショウガ末

金時ショウガ・粒

アップルジンジャーティー



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.