「あるある」ウイルスに勝つ!風邪の最新予防術

スポンサードリンク

 

やっと休みが取れた日に限って風邪を引いてしまう…

そんな経験をした人は多いのでは? 

ストレスや気温、食生活の乱れなど、
ちょっとしたことで変化してしまう免疫力

Q.免疫反応の主役は?

Q.リンパ球の働きとは?


免疫力の働きを徹底検証しながら、
今この瞬間の免疫力レベルを簡単にチェックできる方を紹介。

免疫力が落ちないよう気をつけたいものです。


★こんな経験ありませんか?


忙しく働いているときは平気だったのに、
休みになったとたんに風邪を引いてしまう…。


それは、免疫力(病原菌から守る防御システム)が低下している証拠なんです。

Q.免疫機能のバランスがくるうと?


免疫力には、二つあります。


免疫力は季節によっても変わり、
特に11月〜2月は免疫力がぐっと低下!!


冬は乾燥しているため粘液の分泌が少なくなり、
また、寒さで免疫細胞のはたらきが鈍くなるため、
免疫力が低下して風邪をひきやすくなるのです。


免疫力第一ステージ【粘膜:だ液や鼻水など】

だ液や鼻水などの粘液は外敵の病原菌の進入を阻止し、
病原菌を追い出し、殺菌する働きがあります。

細菌がたくさんいる中に唾液を入れると、
アッという間に、細菌の数が減っていきます。

免疫力が下がる原因

ストレスや緊張で交換神経が優位になると
だ液の分泌量が低下し、身体の防御力が低下。

またダイエットで食事を抜いたり、よく噛まないで食べると、
だ液の分泌量が少なくなります。

乾燥に弱いので、分泌量が少なくなります。


●簡単免疫力チェック!【割り箸はりはりチェック】

1.割る前の割り箸を用意します。

2.割り箸の持ち手側(3〜4cm)を舌に貼り付け手を離します

1分以内に割り箸が落ちると、唾液の分泌が落ちていますよ。

ただし飲食後30分は正確な結果が出ないので避けること。


免疫力を向上!【くるくるマッサージ】

唾液の分泌をよくしましょう。

1.あごの付け根と先端の中間あたりの柔らかいところ(顎下腺)を人差し指で押さえる。

2.骨の内側の柔らかい部分をくるくるとマッサージします。

力を入れすぎないように注意しましょう。

唾液がジュワーと出てくるのが感じられます。


免疫力第二ステージ【体内:免疫細胞の働き】

菌やウイルスを免疫細胞(マクロファージ、B細胞、T細胞、NK細胞)が攻撃して撃退します。


免疫力が下がる原因

寒いところに長い時間いると体温が下がり、免疫細胞が弱くなります。

また、ストレスや疲労で身体に負担がかかると、
自律神経やホルモンのバランスが崩れ、
免疫細胞の働きが低下してしまいます。

免疫力チェック!【お尻グリグリチェック】

内臓系の不調はお尻の上あたりのツボに現れるそうです。

その場所は、お尻のちょっと上。(お尻と腰の境目あたり)

中指を腰骨の出っ張りに置き、そのまま手のひらで腰を大きくつかんだときに親指がくるところ。

1.ペンを二本用意してください。

2.経絡を見つけたら、椅子に浅く座り、ペンを当て、
  自分の体重をかけるようにして押します。

痛みを感じた人は免疫細胞の働きが低下している可能性が!

免疫力を向上

【フィトケミカルを摂りましょう】


果物や野菜に含まれ「第7の栄養素」と呼ばれるフィトケミカル


免疫力アップには、赤、白、オレンジのフィトケミカルが効果的。

*【赤:リコピン、カプサイシン】唐辛子やトマト

*【白:ケルセチン】ネギ・玉ネギやショウガ

*【オレンジ:ベータカロテン】ニンジンなど

冬なら鍋やスープがオススメですよ!

1/22「あるある」カゼのウイルスを倒す最強鍋


【身体を温めて免疫力アップ】

お尻・お腹・太ももには、免疫細胞が多く存在するリンパ節があり、
ここを温めると免疫細胞が活性化します。

また太い血管もあるので効率的に全身が温まります。


詳しい免疫力チェック表で、今のあなたの体の調子を見てみましょう!

生活習慣を改善することで、免疫力はアップしますよ!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.