お雑煮に人々の知恵?!

スポンサードリンク

 

★お雑煮
 
 
お雑煮は、元旦の朝に作るものでなく、暮れの31日までに下準備をしておき
正月に手間をかけずに仕上げられる料理です。
 
 
この雑煮は、江戸時代中期ごろからなんでも雑多に煮るものとして始まり、
そのため地方ごとに特色のある独特の雑煮が出来上がったのです。
 
 
一般的に清まし汁と味噌仕立てがあり、
関東地方では清まし汁、関西地方では味噌仕立てとなっているようです。




比内地鶏スープで作るお雑煮は格別さっぱりした味わいの比内地鶏ぞう煮セット切り餅


 
 
★各地の代表的な例
 
 北海道・・・清まし汁、切り餅、すじこ、ネギ、鮭の切り身など
 
 宮城・・・清まし汁(ハゼで取った出し汁)切り餅、
      おひきな(大根を凍らせた)蒲鉾、せり、大根、人参など
 
 東京・・・清まし汁(昆布と鰹で取った出し汁または鶏のスープ)、切り餅
      蒲鉾(またはちくわ)、みつば(または水菜)、鶏のささみなど
 
 長野・・・清まし汁、のし餅、大根、里芋、人参、干瓢、凍り豆腐など
 
 三重・・・味噌、焼いた鏡餅、大根、小芋など
 
 京都・・・白味噌、丸餅、大根、里芋、焼豆腐など 、
      京都でも清まし汁のところもあるそうです。
 
 大阪・・・元旦、3日/味噌、大根、小芋、人参、
      2日/清まし汁、焼いた丸餅、水菜など
 
 岡 山・・・清まし汁、丸餅、なま鮭(またはぶり)蒲鉾、海苔、ほうれん草
 
 香川・・・白味噌、あん餅(塩味のつぶあん)、大根、小芋、人参など
 
 鹿児島・・・白味噌、切り餅、大根、青ネギなど


ちなみに、わがやのお雑煮は、

清まし汁、丸餅、里芋、大根、人参、水菜  
これに、青のりをかけていただきます。

 
お正月を祝うおせちやお雑煮は、古来からの知恵と共に
収穫物への感謝の気持ちを込めた美しい伝統です。
 
これからも伝統や風習を大事にして次の時代に語り伝え、
より豊かな環境をはぐくみ育てていきたいものですね。
 



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.