今春の花粉予測は?

スポンサードリンク

 


この寒さが和らいでくると、いやな季節だと言う方がいますね。

そう・・・花粉症です。


今春の予想はどうなのでしょうか?


昨年12月の予想では、

花粉症にはうれしい情報!

関東は平年の4分の1 とのことでした。


環境省は24日、今春のスギ、ヒノキの花粉飛散量予測(確定版)を発表。


花芽がつく昨夏の日照時間が全国的に短かったことから、
「平年並みから平年の20%程度」ということです。


花粉症の人には少しは過ごしやすい春になりそうですね。

地域別の飛散量では、


▽北海道・東北北部は平年並み
▽東北南部は平年の50%
▽関東甲信越は20〜30%
▽北陸・東海は30〜50%
▽近畿は40〜70%
▽中国・四国は60〜90%
▽九州は平年並みかやや少ない、


と予測しています。


花粉の飛散が始まる時期は、昨秋以降、気温が高めに推移して
スギ雄花の「休眠」が遅れているため、平年並みかやや遅れるそうです。

四国の太平洋側や九州の北西部など、
早い地域では2月10日ごろから飛散が始まる見込み。

環境省は刻々と変化する各地の飛散状況をホームページでも提供予定。

環境省花粉情報サイト

★環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)


今年のはなこさんは、2月1日より稼働する予定です。


花粉飛散状況をリアルタイムで地図上と表、グラフでみることができますので、


花粉症の方はお気に入りにいれて、外出時にはチェックしてくださいね!!


早めの花粉症対策


花粉症ライブラリー -healthクリック

アレルギー体質は“口呼吸”が原因だった―ぜんそく・アトピー・花粉症
アレルギー体質は“口呼吸”が原因だった―ぜんそく・アトピー・花粉症
青春出版社
price : ¥872
release : Now On Sale

口呼吸の恐ろしさを痛感した

免疫系の実態は細胞が新しく作られる新陳代謝にあり、免疫学のプロの著者は同時に口腔内科の専門家として、口呼吸が免疫系を機能低下させると断言する。だから、免疫系を狂わす口呼吸を改めて、鼻腔を使った本来の鼻呼吸をすることで、アレルギーの問題は簡単に解消するという。著者は従来の免疫学は間違っているところが多く、それによって多くの人が免疫病から解放されていないと断言する。このチャレンジ精神を大いに活用して、慢性病で悩む人たちを救ってもらえば、医療問題の基礎が確実になるはずである。分かりやすく書いてある免疫病に関しての良書である。
鼻の病気はこれで治せる―鼻づまりや花粉症の悩みもスーッと解消!
鼻の病気はこれで治せる―鼻づまりや花粉症の悩みもスーッと解消!
二見書房
price : ¥1,575
release : Now On Sale

鼻のトラブルに悩んでいる人には、イチオシです!

 生まれてこの方、鼻のトラブルに悩んでいた自分としては、「待ってました!」と言える本です。鼻にまつわる様々なトラブルのメカニズムや、対策などがわかりやすく述べられており、感激しました。
 欲を言えば、鼻の構造図がもっとわかりやすければ、よかったと思います。
(わかりやすい図が、インターネットで公開されているので、それを参照すると、理解が深まると思います。)


スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.