夜食の正しい摂りかた

スポンサードリンク

 


いよいよ受験シーズン到来ですね。


追い込みで夜遅くまで勉強している受験生のみなさんはもちろん!
それを支えるお母様方もなにかとたいへんですよね。


でも、子供が好きだからといって、甘いお菓子や脂肪分の高いものばかりを
夜食にしていませんか?


夜食のとり方を間違えると、かえって生活のリズムが崩れてしまい
悪循環になることを御存じですか?


厳しい受験を乗り切るために、体にやさしい夜食についてお話しします。


★夜食のとりかた


朝食・昼食・夕食の規則正しい食生活をすることがまず、第1です。


夜食は、三食をきちんと食べたうえで空腹を補い、
気分転換に摂るものと考えましょう。


ですから、カロリーは低めに、できれば200kcalほどに抑えたいですね。


夜食として好まれる「ラーメン」は1杯500kcalと高カロリーです。
もし、食べるなら半分量にしましょう。


脂肪分の多いものは消化時間が長く胃に負担をかけるので、
夜食にはあまり向いていません。


できるだけ消化吸収の速いたんぱく質や炭水化物を摂るようにしましょう。


焼おにぎりやお茶漬け、磯辺餅などがおすすめです。


夜食 レシピ 374品 [クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが18万品!


簡単に!夜食

お菓子など砂糖を多く含むものを食べると、
体内に吸収されると血中のブドウ糖濃度、血糖値が高くなります。


血糖値があるレベルを超えると、インシュリンが分泌され、
ブドウ糖を脂肪に変えようと働いたり、血中の脂肪を脂肪細胞に取り込んでしまいます。


インシュリンが働きすぎると、今度は低血糖になって再び空腹を感じ、
その結果だらだらと食べてしまいがちになるのです。


この悪循環を断ち切るためにも、甘いお菓子類を夜食にするのはやめましょう。


こうしてみると夜食は食べないほうが良いように思いますが、
悪いことばかりでもありません。


頭が疲れたなと感じたとき、脳の栄養「糖分」を補ってあげることで、
リフレッシュすることができます。


頭が疲れるという感覚は、脳の栄養不足信号なのです。


さらに、噛むことは脳を刺激します。
歯ごたえのあるおせんべいやスルメイカはもってこいですね。


でも、食べた後すぐ寝ると胃はまだ働いているので体の疲れがとれません。


夜食を食べるときは、少なくとも就寝2時間前までにしましょう。


では・・・今夜も頑張ってくださいね!!

合格!受験生レシピ―子どもの「脳の力」を120%引き出す合格料理150
合格!受験生レシピ―子どもの「脳の力」を120%引き出す合格料理150
主婦の友社
price : ¥1,575
release : Now On Sale

料理を作って偏差値UP!をねらう

受験勉強におわれ忙しい受験生にとって、食事はつかの間の
ストレス発散!!タイム
美味しいものを作ってあげたい・・
少しでも子供の役に立てれば・・
と思うのはどちらの親御さんも同じはず。
このレシピ本はそんな親心を至れり尽くせりフォローし
よきアドバイスを与えてくれます。
夕ご飯のメニューが1週間分出ているのがすごく重宝。
メイン料理、どんぶり料理などもバラエティに富んでいます。
夜食、おやつのレシピもあり、小学生から高校生まで向きそうです。
脳に栄養を与えて勉強の効率をあげるという方法が面白くためになりました。
受験生のための夜食―集中力・記憶力を高める夜食など、夜食で受験生を応援する
受験生のための夜食―集中力・記憶力を高める夜食など、夜食で受験生を応援する
ブティック社
price : ¥735
release : Now On Sale



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.