紫外線対策 その4

スポンサードリンク

 


★サンスクリーン剤(日焼け止め)をこまめに塗る


紫外線は空から降り注ぐだけでなく、地上からも反射しています。


日傘や帽子だけでなく、サンスクリーン剤もしっかり塗って、
紫外線対策は万全にしましょう。


とくに肌の弱い赤ちゃんや子供達の日よけ対策は気をつけて!!
子供専用サンスクリーン剤で肌を守りましょう。

    
敏感肌の方にも!!いいですね。

サンスクリーン剤の表示や使用説明はよく読んで、
表示を理解して適切に使いましょう。


市販のサンスクリーン剤には、「SPF30」とか、「PA++」などと表示されています。


●SPF(sun protection factor)

  日焼けを起こす紫外線B(UV-B)を防ぐ指標。


  SPF1の効果はおよそ20分前後といわれています。

  SPF20とあれば、塗らなかった部分より日焼けするのに
  20倍時間がかかるということなので、

  20分×20=400分 で、約6時間半は効力があることになります。


  SPF値が高いほど、紫外線を防ぐ効果が高まるということですが、
  SFP30を過ぎると紫外線の害への防御率は横ばいになってきます。


●PA(protection grade of UVA)の+、++、+++

  
   紫外線A(UVA)を防御するレベルを表わす指標。 

     PA+    :UVA防止効果がある
     PA++  :UVA防止効果がかなりある
     PA+++ :UVA防止効果が非常にある。これが最高ランク

 PAは日本だけの基準と表示です。
 SPFと併せて表示されることが多いので、
 サンスクリーン剤や化粧品を選ぶ時の参考にしてください。


    DHC サンカットQ10シリーズ    


ただし、SPFの値が高い数値であってもそれほど大きな差はありません。

ふだんの外出はSPF20、PA++程度のものを使用し、

海や山へ行くときなど、アウトドアレジャーの時には
もう少し高い数値のものを選ぶとよいでしょう。


ここで、忘れがちなのは、2〜3時間に一度は塗り直すことです。


朝サンスクリーン剤を塗ったからと安心してはいけません! 


夏は特に汗をかきます。


サンスクリーン剤は汗で流れたりこすれて落ちたりしますから、
2〜3時間に一度はこまめに塗り直しましょう。


分量は片腕でスプーン1杯程度。
たっぷりと肌に重ねるように塗ってください。


白く浮くのがいやで薄く伸ばす人がいますが、伸ばしてしまっては膜にならないので
効果は落ちてしまいます。


大量に汗をかいたあとや、プールや海に入ったあとは、
当然のことですが2時間たたなくても塗り直します。


サンスクリーン剤が肌に合わなかったら、別の種類に変えて
自分の肌に合うものを選んで下さい。


サンスクリーン剤は紫外線の暴露量を減らすだけで、
ゼロにはしませんので、万全ではありません。


衣服、手袋、帽子、日傘等の対策もお忘れなく!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.