紫外線対策 その5

スポンサードリンク

 


紫外線に打ち勝つには、外からの防御だけではだめです。


日焼けしてからあわてて対策する前に、今から栄養をたっぷりとって
紫外線のダメージを受けない体づくりしましょう!


紫外線対策に有効な栄養素にはどんなものがあるかですが、
ビタミンCがよく知られているところですね。

でも、紫外線対策に有効なのは、他にもこんな栄養素があるんですよ!


■紫外線対策に有効な栄養素と多く含まれる食品


●ビタミンC 

紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成の促進作用もある。

ブロッコリー、芽キャベツ、赤ピーマン、カリフラワー、イチゴなど


●ビタミンE

活性酸素の影響で細胞膜が不飽和脂肪酸から過酸化脂質に変わるのを防ぐ。
活性酸素を抑えこむと同時に自らも酸化してしまうが、
ビタミンCをいっしょにとるとすぐに還元される。

はまち、ひまわり油、うなぎ、アーモンド、かぼちゃなど

●β-カロテン

体内で代謝されて必要な分だけビタミンAになり、
その残りのβ-カロテンが活性酸素を抑えてくれる。

ビタミンAには発がんを抑制したり、
皮膚の免疫機能やバリア機能を維持するはたらきもある。

モロヘイヤ、しゅんぎく、ほうれん草、明日葉、小松菜、だいこん菜など

●ビタミンB2

細胞の再生や成長を促進するはたらきがあり、皮膚の新陳代謝を高めてくれる。

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、うなぎ、いわし、ぶりなど

●亜鉛

細胞の再生に必要な栄養素で、
不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下する。

かき、豚レバー、牛レバー、牛もも肉、鶏レバー、うなぎ、鶏ささみなど

●セレン

紫外線によって酸化した皮膚の細胞膜の分解を促進する。
また、ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンといっしょにとると、
発がんを抑制するはたらきもある。

いわしの丸干し、しらす干し、小麦胚芽、玄米、ぬか、麹など

● L-システイン (アミノ酸)

皮膚において強い抗酸化作用を発揮し、皮膚細胞を守る。
メラニンの生成を抑えたり、できてしまったメラニンを少なくするため、
しみを防ぐ効果もある。

豚レバー、豚ひれ肉、ハチミツ、卵、ねぎなど

★紫外線対策においしい料理を!!


からだ快適レシピ しみ・そばかす・紫外線対策に!

今からしっかり栄養をとって、紫外線にまけない身体作りをしましょう!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.