梅雨どきのカビ・細菌対策

スポンサードリンク

 

今年は渇水の恐れがあるようで、青く晴れた空を見上げては、
梅雨は来るのでしょうか・・・と思ってしまいます。


待望?(笑)の梅雨が来たら、まず、いやなのはあの湿気ですね。

油断してると、あちこちにカビが生えてしまいますもの。


そこで、早めのカビ対策をしておきましょう。


asahi.com- 暮らしコラムに、
梅雨どきのカビ・細菌対策が掲載されていましたので、抜粋引用します。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

  
カビや細菌が活発化するのは、
温度25度以上、湿度70%以上、栄養物や汚れ、それに酸素。


対策の基本は、一つの条件をカットします。


一番簡単な対策は湿度を減らし、汚れをためないこと。


温度は難しいので、湿度、汚れをまめにチェックし、換気を徹底、
汚れを頻繁に取り除くことです。


★浴室、キッチン、洗面所などの水は残さないようにふき上げる。


キッチンと洗面所はふきやすいのですが、浴室全体をふくのは、とても大変。


浴室はまず水シャワーをかけ、温度を下げます。
これだけでもカビ発生が低下できます。


次にカビやすいパッキングと浴槽の縁などにある水をふきます。
水が残っているとカビが発生しやすいからです。


ふく頻度は使用後が理想ですが、面倒になりますので、
週2回程度でも実行したいものです。


★換気をよくする。


浴室のドアを開け、空気の通りをよくし新しい空気を取り入れ、
湿気を含んだ空気を換気扇から排出します。


浴室のシャンプー、ボディーソープ、せっけんなどを所定の場所に整理し、
風をよく通し、シャンプー底にカビが発生しないよう空気が回り、
換気がうまく出来るようにします。


★生ゴミの始末


細菌の発生でにおいの出る、生ごみはしっかり絞り、水分を残さないようにし、
包装紙や電話帳などの紙に包んで排出します。


ゴミ容器は排出の度に消毒用エタノールを噴霧しておくとにおい発生が防げます。


★洗濯物もひと工夫

洗濯物にも細菌でにおいが発生することがあります。


この時期だけ、脱水を6分くらいと長くして水分をしっかり除きます。


すき間を空けて干し、1枚にしたり、幅広ハンガーで布を重ねずに干すなどの
工夫が大切です。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


ちょっとした対策で、あのいやなカビの発生を阻止できるようです。


梅雨時だけでなく、普段からやっておくといいようですね。


わがやもさっそく・・・・・(*^_^*)




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.