メタボのウエスト値 国際組織が新指標 

スポンサードリンク

 


メタボリックシンドロームの指標のひとつにウエスト(へその回り)があります。


メタボリックシンドロームの診断基準?


言われているのが、

●男性85センチ、女性90センチ以上


ところが、メタボリック症候群の診断基準作りに取り組む国際組織である

国際糖尿病連合(IDF)が、日本の基準値と異なる日本人向け基準を決めたそうです。


●男性90センチ、女性80センチ以上


ぜんぜんちがいますね!!σ(^◇^;)


2007年06月17日 朝日新聞によると、


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


 メタボリック症候群の診断基準作りに取り組む国際組織が、
「男性85センチ、女性90センチ以上」とする日本のウエスト基準値と異なる
「男性90センチ、女性80センチ以上」という独自の日本人向け基準を決めた。

心筋梗塞(こうそく)などを起こすリスクのある人を正しく判別できるとの説明だが、
日本の基準を作った側は反発している。


この組織は国際糖尿病連合(IDF)。日本を含む約160の国・地域から
糖尿病にかかわる組織が参加している。

メタボリック症候群は放置すると糖尿病や心臓病などの生活習慣病に
つながりかねないとされ、ウエスト値は、主な指標として使われている。

ただし、日本人は太らなくても糖尿病になりやすいなど、
生活習慣病の発症には人種による違いがある。

このため、IDFは主な地域や国ごとにウエスト値を設定した基準を05年春に定めた。

このとき、日本人向けは日本の基準と同じ「男性85、女性90」だった。

女性の値が男性より大きいのは日本だけで、
中国などアジアの「男性90、女性80」とも違いが際だった。

異論が出て、IDFは今春、新しい研究結果も踏まえて「男性90、女性80」に改めた。

日本の基準は、腹部の内臓脂肪面積が100平方センチに相当するウエスト値として
「男性85、女性90」になった。

ただ、この値には「決め方が厳密でない」との指摘もあった。

「日本の予防医学のために作った基準なのに、海外から介入されるいわれはない。
ただ議論があるのも事実で、必要ならば再検討も考えたい」と話す。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


この基準。国や地域で基準が違っています。


アメリカ 「男性102、女性88」

ヨーロッパ「男性94、女性80」

中国・南アジア「男性90、女性80」


いずれも、男性のウエストサイズが大きいことがわかります。


国際糖尿病連合(IDF)が今回、日本の基準値を見直したというのも
わかる気がしますね。


でも、サイズの基準値が何センチになろうと、
太くならなければ問題ないわけで・・・


どうしてそこまで、数値にこだわるのかって思います。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.