運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ

スポンサードリンク

 

私が若いころは、激しい運動していても、練習中や試合中には、
決して水を飲んではいけないと言われていました。

水を飲むと、「ばてる」から、よくないと!!


けれども、最近は、運動時には水分補給が大切であると言われて、
いたるところで、ペットボトルを片手に、運動している人よく見ます。

私が通ってるスポーツクラブでも、スタジオプログラムの途中で、
何度も水分補給をするように言われます。


「こんなに水を飲んでもいいのかなぁ」と思っていたのですが、
やはり水分補給にも、限度があるようですね。


2007年、7月2日の朝日新聞によると、

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ


運動する際に水をがぶ飲みしすぎると、運動誘発性の低ナトリウム血症(EAH)におそわれかねない――。

米国の専門家が医学誌スポーツメディシン5月号で、適度の水分補給を呼びかけている。

運動時に水分をとりすぎて血液中の塩分濃度が下がると、けいれんや呼吸困難といったEAHの症状にみまわれるおそれがある。

ジョージタウン大医療センター(ワシントン)のジョセフ・バーバリス教授によると、ある年のボストンマラソンでは参加者の約13%がEAHになった。今年のロンドンマラソンでも1人が死亡したという。トライアスロンや軍隊の行軍などでも報告例がある。

運動を続ける時間が4時間を超えるようだと注意がいる。過去のマラソン大会の調査で、レース中に3リットル以上の水を飲んだ人がEAHになるリスクが高かったという。

運動後に体重が増えれば水分の取りすぎだ。運動前後の自分の体重の変化(おおまかな汗の量)を調べ、その量に見合った分だけ水分を補給するよう心がけるべきだとしている。

05年にEAH防止指針をまとめた経験があるバーバリス教授は「水の代わりに、塩分を含むスポーツ飲料を飲めばEAHを予防できるというのは誤解。スポーツ飲料も飲み過ぎると、やはり水分を取りすぎるリスクがある」と指摘する。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

なるほど・・・出た汗に見合った量の水分補給が必要なんですね!!

運動後の体重の変化で、自分の水分補給の量を測ることができるとは、
わかりやすくていいです。

わたしも、早速実行してみます。

ナトリウムの体内での働き:ビタミン・ミネラル大辞典 〜身体の調子を整える脇役たち〜


水の代わりに、スポーツ飲料だといいという話をよく聞きます。

けれども、やはり、スポーツ飲料も飲みすぎると、
水分を取り過ぎるるすぐリスクがあるそうなので、注意を!!




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.