メタボ防ぐ善玉ホルモン、脳では悪玉?!

スポンサードリンク

 

大きな現代病となりつつあるメタボリックシンドローム!!


そのメタボ対策に「アディポネクチン」が効果ありとされてきました。


「アディポネクチン」は脂肪細胞から分泌されるホルモンで、
血中では脂肪を燃焼させたり、糖を分解するインスリンの働きを助けます。


NHKのためしてガッテン!でも特集されていましたね。


メタボ対策にアディポネクチン?!:血液の話Q&A


ところが、この「アディポネクチン」というホルモン!
全ての臓器にいいというわけではないようです。


2007年07月11日 朝日新聞によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


メタボ防ぐ善玉ホルモン、脳では悪玉 食欲増進の動き


 血中でメタボリックシンドロームを防ぐのに役立つとされる善玉ホルモン「アディポネクチン」が、脳の中枢では食欲を増進させ、カロリーの消費を低下させる「悪玉」の働きをしていることを、東大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科)らの研究チームが明らかにした。門脇教授は「血中での作用を高め、脳での作用はブロックできれば、肥満や糖尿病の薬の開発につながるのではないか」と話している。

 研究は10日発行の米科学誌「セル・メタボリズム」に発表される。

 アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、血中では脂肪を燃焼させたり、糖を分解するインスリンの働きを助けたりする。

 門脇教授らは、脳中枢の「視床下部」という部分にアディポネクチンを注射したマウスと、生理食塩水を注射したマウスとを比較。アディポネクチンを注射したマウスの方がえさを多く食べ、酸素の消費量が少ないことを確かめた。また、アディポネクチンを欠損させたマウスは、一般のマウスより体重や脂肪組織の増加量が少なかった。

 こうしたことからアディポネクチンには、飢えに備えて脂肪を蓄え、エネルギーの消費を減らす「倹約遺伝子」の機能があると分析している

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


一方で促進すれば、一方で抑制する!

正常な体の状態であれば、ホルモンはバランスよく働くはずなんです。

この「アディポネクチン」というホルモンも例外ではないですね。


肥満や糖尿病の薬の開発のことを考えられているようですが、
正しい生活習慣や食生活で健全な身体を作ることの方が先!

そんな気がするのは私だけでしょうか・・・



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.