平均寿命 女性は22年連続世界1、男性も2位に浮上

スポンサードリンク

 

日本人の平均寿命ですが、まだまだ伸びでいることがわかりました。

いったいどこまで伸びるんでしょうか?


2007年07月26日 朝日新聞

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

平均寿命 女性は22年連続世界1、男性も2位に浮上


2006年の日本人の平均寿命は男性が79.00歳、女性が85.81歳で、前年よりも男性は0.44歳、女性は0.29歳延びたことが26日、厚生労働省がまとめた簡易生命表で分かった。

2005年はインフルエンザが流行した影響で前年を下回ったが、06年は再び上昇傾向に転じた。厚労省は、がん、心臓病、脳血管疾患の3大疾患での治療成績の向上が貢献しており、当分寿命が延びる傾向が続くとみている。

厚労省が把握する主要各国・地域の最新データと比較すると、女性は22年連続の世界一で、香港(84.6歳)、スペイン、スイス(いずれも83.9歳)、フランス(83.8歳)が続く。

男性は前年の4位からアイスランド(79.4歳)に続く2位に上がった。3位以下は香港(78.8歳)、スイス(78.7歳)、スウェーデン(78.50歳)の順。

日本の場合、3大疾患で死亡する確率は男性が56.00%、女性は53.57%。3大疾患が克服されれば、男性の平均寿命は8.31歳、女性は7.20歳延びる見込みという。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


でも、この見込み・・・・あたらないような気がします。

3大疾患が克服されることなんて、自分の周りや若い人たちの
現在の生活習慣や食生活を見る限り考えられないからです。

元気なうちから、生活習慣をあらためないと、
将来、生活習慣病になる可能性が大きいです。

生活習慣病の怖さをもっと教えていかないといけないのではと思います。




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.