おいしいうなぎの食べ方

スポンサードリンク

 


7月30日は土用の丑の日。

といえば・・・「うなぎ」ですよね!

浜名湖のうなぎです。無添加!うなぎかば焼き

土用の丑の日にウナギを食べることを広めたのは、
江戸時代の天才発明家・平賀源内だと言われています。


売上不振に悩んでいたなじみのウナギ屋に、家持の歌や、
当時はやっていた大田南畝の歌からヒントを得て、
「土用丑の日ウナギの日」の看板を書き、大々的に宣伝したのが
始まりとされています。


ビタミンAやEなどのビタミン類が豊富な「うなぎ」は、
疲れた夏の体にぴったり!!


「うなぎ」を家庭でおいしく食べる方法を探してみました。


7月27日 おもいッきりてれび によると


市販の蒲焼きを温めるとき、料理酒とオーブントースターを使います。

1.料理酒と水を1:1の割合で合わせ、蒲焼きを入れます。

2.弱火で30秒加熱。火を消して30秒放置

3.オーブントースターで30秒加熱。たれを塗って1分間加熱。


その他、うなぎの美味しい食べ方としては、


■蒲焼

◇フライパン又はグリル・オーブンを使う


うなぎを、サラダ油を薄く塗ったアルミホイルに乗せて、
フライパン又はグリル・オーブンなどで皮を下にして弱火で温めます。

お好みに応じて温めている途中にたれを塗りながら焼きます。
ふっくら香ばしくなったらできあがり。

◇電子レンジをつかう

電子レンジをご利用の場合は、うなぎを耐熱皿に乗せて、
ラップをかけて温めます。

加熱時間の目安は500Wの場合は2分、600Wの場合は1分30秒。


酒(日本酒や料理酒)を小さじ一杯程度振りかけてから加熱すると、
やわらかく一層ふっくらとできあがります。

串をさしている場合には、温めた後に抜いてください。


■ひつまぶし


温めたうなぎを1.5cm幅に切ります。
ねぎ・のり・三つ葉などの薬味をお好みの大きさに刻んでおきます。

1杯目はそのままいただく。
2杯目は刻んだ薬味とわさびをのせていただく。
3杯目はお茶やだしをかけていただく。


■卵とじ


うなぎをお好みの大きさに切り、温めたうなぎをだし汁が入っている薄鍋に入れ、
火にかけます。沸騰してきたら、溶き卵を入れてできあがり。


これは、臭みがなくわがやの子供たちも大好きでした。


おたくでもおいしい「うなぎ」をどうぞ!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.