抜け毛の原因がまさか・・・

スポンサードリンク

 


子供頃より、私は、髪の毛が太くて多すぎ!だから、
少なくてサラ〜としている友人の髪に憧れていました。

でも、歳をとると共に、髪の毛が少し細くなり量も減ってきて
最近では、髪を整えるのが楽になりました。

細くてサラ〜としていた友人はいま、薄毛で悩んでいるようです。

確かに、歳をとるにつれ髪は細くなり抜けやすくなりますが、
とんでもない病気の前兆として現れることもあるようです。


8月21日放送の たけしの本当は怖い家庭の医学 によると!

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


夫婦で洋品店を営むS・Kさんは、46歳 。商店街のマドンナ。

しかし近頃、抜け毛がひどくなり、自慢の黒髪が気になっていました。

でも、もう50歳近いんだから仕方ない!と思いながらも、
毎晩頭皮マッサージを心がけるようになりました。

しかし、抜け毛はどんどんひどくなるばかりか、
最近では、突然イライラすることが増えてきたのです。

もしあなたが・・・・

(1)抜け毛
(2)髪の毛が細くなる
(3)イライラする
(4)動悸・発汗
(5)首が太くなる

の兆候は出ていませんか?」


もしかしたら。。バセドウ病 。。かもしれませんよ!!


なぜ、抜け毛かの原因がバセドウ病だったのでしょうか?


「バセドウ病」とは、まだ詳しい原因はわかっていませんが、
甲状腺臓器の特異性な自己免疫疾患のひとつで、

首の前にある甲状腺という臓器に異常が起こり、
新陳代謝を高める甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態。

全身に様々な障害を引き起こす病なのです。


バセドウ病は、男性よりも圧倒的に女性に多い!約5倍といわれ、
20代から40代を中心に、成人女性の300人に1人とも!


S・Kさんの「抜け毛」は、甲状腺の免疫システムに異常が発生し、
甲状腺の中の細胞を異物と間違え攻撃したため、ホルモンが過剰に分泌。


猛烈な勢いで新陳代謝が行なわれた結果、髪の毛は成長するよりも早く、
次々に抜け落ちていってしまったと考えられます。


また「イライラ」「動悸」「発汗」などの異変も、この「抜け毛」同様、
ホルモンの過剰分泌が引き起こしたもの。


しかし厄介なことに、これらの症状は、加齢や更年期障害によるものと
なかなか見分けがつきません。


早期発見のポイント!

★首が太くなる

甲状腺が、大量のホルモンを分泌し腫れあがったため。
これがバセドウ病最大のサイン!!

S・Kさんはそれを肥満のせいと勘違いして見過ごしてしまいました。

そのため、甲状腺で起きていた免疫異常が、毛根でも発生。
ついに円形脱毛症を併発してしまったというわけです。

バセドウ病と円形脱毛症は治療を根気よく続ければ、
コントロールできるため以前と同じ様な生活を送れるようになるとのことです。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


TVを見ながら、きっとこれは甲状腺異常だなと思ったけど、
「バセドウ病」とは・・・・・

それは、「バセドウ病」は顔つきや目つきがきつくなったり、
眼が出てくる眼球突出があると思っていたからです。

でも、調べてみると、眼球突出をきたす割合は3割程度とのこと!


また、逆に、甲状腺機能低下による慢性甲状腺炎が「橋本病」です。
これも女性に多い病気で成人女性20〜30人にひとり程度の頻度でみられます。


これらは、多発する時期が更年期と重なるため、
見逃されるケースも多いそうなので、
体調不良が続く、精神的にイライラするなどの症状があったら
一度、甲状腺機能を調べてもらうといいですね。

よくわかる甲状腺の病気 (名医の図解)
よくわかる甲状腺の病気 (名医の図解)
主婦と生活社
price : ¥1,365
release : 2007/06

甲状腺の病気 新版―バセドウ病・橋本病・甲状腺腫瘍ほか
甲状腺の病気 新版―バセドウ病・橋本病・甲状腺腫瘍ほか
主婦の友社
price : ¥1,470
release : 2007/05



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.