つやつやの髪はたべものから

スポンサードリンク

 


髪の美しい人って女性の憧れの的ですよね!

私の髪は、固くて太くて多くて・・・。だったので、
若い頃は、さらっとしてストレートな髪が素敵!と思っていました。

でも、年をとってきて、50歳も半ばになると、ちょうどよくなりました。(笑)


中国では「髪は血余なり」といわれていますが、これは髪が血の余りであるということです。


美しくつややかな髪への提案が、読売新聞に掲載されていました。


2007年9月13日 読売新聞から抜粋


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


− つやつやの髪はたべものから −


私達の体や健康は、食べ物からとる栄養で維持されています。
あまり健康状態のよくないときは、髪がパサついてまとまりにくかったり、
逆に健康なときはつやつやした髪だといったことがあるのではないでしょうか。

私達の健康と、髪のつやは密接な関係にあります。
ですから、髪に美しいつやを保たせたいと思うならば、トリートメントに必死になるよりも、
まず体の中を健康にするような食生活をかんがえてみてはいかがでしょうか。

健康を維持するような食生活の中でも、特に髪のつやに必要な栄養素に
気をつけてとるようにすることが大切です。


髪はイオウを含むタンパク質で成り立っていますから、これを充分にとること。

髪や体の新陳代謝を促すビタミンB群、甲状腺のはたらきを高めて、
髪の発育を盛んにするヨード、血行を良くして老化を防ぐリノール酸、
それに含まれるビタミンEをたっぷりとるようにします。

またカルシウムも髪につやを与えますし、海藻類のネバネバしたところに含まれる
コンドロイチンも髪につやとこしを与えてくれますので、努めてとるようにしましょう。

もうひとつ重要なものは腎臓です。
腎臓の働きを高めることは髪の栄養には不可欠なことなのです。

なぜなら、腎臓というものは血液を浄化する機能があるからです。

血液は栄養を運ぶ役割をしますから、常にきれいな血液でいなければ
髪まで栄養がとどかないのです。

したがって、腎臓に過剰な負担をかけないように日ごろから気をつけなくてはなりません。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


なるほど!!「トリートメントに必死になる!」よくあるパターンです。(笑)


髪のツヤや美しさは身体の健康状態をあらわすバロメーターなんですね。


大切な栄養素を摂ると同時に、
腎臓にやさしい生活習慣と食生活を心がけたいです。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.