「食欲」ありますか?

スポンサードリンク

 

本来なら、9月も後半になると涼しくなり、食欲も増してくるものです。
でも、今年は、まだまだですね・・・


食欲は私たちの健康状態を知るためのバロメーターのひとつです。


2007年8月15日 読売新聞によると、(抜粋引用)


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


食欲不振は、体調が悪い時の危険信号なのです。


体調が悪くなくても、怒りや不安、イライラなどの精神的なストレスでも
食欲はなくなります。


ストレスによる食欲不振は一時的なものですが、それが続けば、
栄養失調になったり、体力がおとろえたり、病気になる可能性があります。


食欲がないときには、その原因を見つけることが大切です。


食欲不振以外の自覚症状(胃が痛む、下痢をする、吐き気がするなど)が
長く続いている場合は、受診して調べてもらいましょう。


原因として、急性・慢性の胃炎、すい炎、肝炎、
胃アトニー(無緊張性胃弱)、胃がんの恐れもあります。


胃下垂が原因となっている場合もよくあります。


いつも顔色が悪く、いくら食べても太らない、下痢をするというタイプの人は、
胃下垂の可能性があります。


胃下垂になると、胃のさがった部分に食べたものが溜まりやすく、
それらがまだ完全に消化できないうちに、また食べ物が入ってくるので、
消化不良や胸やけといった状態になりやすいのです。


また胃だけではなく、大腸、胆のう、腎臓、すい臓も下がってしまうので、
全体的に消化吸収が悪くなってしまいます。


胃下垂を治すには腹筋運動が効果的です。
腹筋が強くなると、胃の位置を固定する筋肉が強くなるからです。


胃下垂が治れば、胃液の分泌がよくなり、食欲も出てきますし、
腸にたまったガスがおならになって外に出るのでお腹も引っ込みます。


胃下垂や胃アトニーではなくても、胃が弱いという自覚症状のある人は
多いのですが、そういう場合には、食事の回数を増やして1回の食事量を減らし、
よく噛んで食べることが効果的です。


疲れていたり、風邪気味だったりして体調が悪い時も食欲がなくなるものです。
こんなときには、充分な休養をとり、ビタミンB1の多い食べ物を食べると良いでしょう。


  ビタミンB1の多い食べ物


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


今年の夏はまだ終わっていません。

冷たい物ばかり食べていて、あなたの胃腸は弱っていませんか?




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.