爪のまわり、赤くなっていませんか?

スポンサードリンク

 


爪や爪の周囲は健康状態がよく現れる場所です。

貧血の時には、白くなったり、爪が薄くなり反ってきたりします。
私の爪は、最近、塩素にやられているようで、うすく剥がれてきています。


9月11日、たけしの家庭の医学では、爪でわかる恐ろしい病気でした。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


第2例目は、Y.Yさん。49歳の女性です。10年前の離婚を機に小さな花屋を開き、女手一つで子供を育ててきました。
店の仕事や家事に追われ、身体を休める暇のない毎日を送っていましたが、ある日、洗い物をしていた時、爪の周辺が赤くなっていることに気づきます。そこで彼女は手荒れ用のクリームをつけておく。その3週間後、指先の赤みはそのままで、全身の倦怠感が表れるようになったのです。

(1)爪の周囲が赤い
(2)倦怠感
(3)肘が帯状に赤くなる
(4)朝、体が起こせない
(5)足の爪の周囲にも赤み

気になって近所の皮膚科に行った彼女は、急遽精密検査を受けるように告げられました。

Y.Yさんの病名は 「子宮体がん」

なぜ、爪の周囲の赤みから子宮体がんが見つかったのか?


「子宮体がん」とは、子宮体部の細胞にできるがんのことで、進行すると子宮の全摘出、更には死に至ることもある恐ろしい病です。子宮がんの3割程度を占めていて、今、日本の女性が最も気を付けなければならない病気です。

しかし、Y.Yさんの症状は、子宮体がんの症状である、月経以外の「不正出血」や「おりもの」、「排尿時の痛み」などではなく、皮膚筋炎と言われる病の代表的な症状だったのです。

「皮膚筋炎」とは、原因は定かではありませんが、免疫機能の異常で起きる膠原病(こうげんびょう)の一種。体全体の筋肉に炎症が起き、筋力が低下する病です。この病気は単独で発症することもありますが、Y・Yさんのような子宮体がんや、日本人に多いがんと合併して発症することで知られているのです。そして不思議なことに、がんが治ると、皮膚筋炎も治まってしまいます。

Y.Yさんは、皮膚筋炎の症状が現れたことで、がんが発見出来たのです。早期発見が出来たので、抗がん剤と放射線治療で完治しました。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

このほかにも、爪の周囲に変調が現れる病気としては、
爪が横に広がったようなバチ指になった場合に、肺がんを患っている可能性があるとか!


ちょっと自分の手足の爪を見て、いつもと違うことがないかチェックしてみましょう。




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.