ヨーグルトで“老化”に歯止め

スポンサードリンク

 


牛乳が苦手な人でも、ヨーグルトなら食べられることが多いです。
それは、ヨーグルトでは、乳糖の一部が分解されているためです。


ヨーグルトの効用については、牛乳に比べてカルシウムの吸収がよい。
必須アミノ酸も牛乳より多く、ビタミンA、B1、B2などに富み、
疲労回復にも役立つことなどが良く知られています。


それ以外も、なんと「老化」にも歯止めがかかるとか!!


2007年10月27日(土)  毎日新聞によると

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

ヨーグルトで健康に 腸内細菌のバランス保って“老化”に歯止め


 ◇生活習慣病や花粉症予防、疲労回復にも効果的

 健康を維持する方法はいろいろあるが、最も大切なもののひとつが腸内細菌のバランスを保つこと、つまり、腸の老化を防ぐことだといってもよい。腸の老化は、肉類や脂肪の摂取量が多く、食物繊維の少ない食生活で生じやすく、大腸がんなど生活習慣病の原因にもつながる。腸の健康を守るために、いま一度ヨーグルトの有用性を考えてみたい。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


ヨーグルトでビフィズス菌が増えると、腸内で乳酸や酢酸を作り出し、
乳酸などが腸の蠕動(ぜんどう)を促し、便秘の解消を助けてくれます。


しかし、疑問のひとつに「ヨーグルトの乳酸菌は胃や腸で死ぬため、
食べても効果がないのでは」というのがあります。


しかし、たとえ生きて届いたとしても、ヨーグルトの乳酸菌自体が腸で
増殖するわけではないので、死んだ状態でも、腸にいる
ビフィズス菌を活気づけ、増殖させる効果はあるとのこと。


健康によいと言われているヨーグルトの効用!について
詳しく見ていきましょう。



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.