ヨーグルトの効用 その1  腸内細菌のバランスをとる

スポンサードリンク

 

人間の腸内には約100種類、約100兆個の腸内細菌が住みついていて、
健康に様々な影響を与えています。


腸内細菌は身体に与える影響から、3種類に分類されています。


● 善玉菌グループ

消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけるなど
人体に有用な働きをする菌。
悪玉菌の力を弱め、食べ物の消化・吸収を助ける働きをしています。

また、ビタミンB群を中心としたビタミンの合成、免疫力を強化するので、
病気に対する抵抗力をつける働きもしています。

ビフィズス菌、乳酸菌など。

● 悪玉菌グループ

悪玉菌は細菌毒素を生成して、腸内で腐敗を起こしたり、
炎症を起こす物質や発ガン性のある物質を作り出して、
下痢や便秘になりやすくします。

悪玉菌が腸にいるだけでは、発病はしませんが、
特定の悪玉菌が増え過ぎると、免疫力を低下させるため、
感染症を引き起こしやすくなります。

ウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌、病原性大腸菌など

● 日和見菌(ひよりみきん)グループ

日和見菌自体は、身体に良い働きをするわけではありませんが、
腸内環境で善玉菌が多いとおとなしくしていますが、悪玉菌が増えると
悪さを始める性質があります。

腸内では、これらの腸内細菌が叢(くさむら)のように群がって生息しています。
腸内菌叢のバランス、善玉菌と悪玉菌バランスが健康に大きく影響してきます。


腸内菌叢のバランスが健全で、善玉菌が優勢な状態では、
善玉菌が作り出す多量の有機酸(乳酸、酢酸)によって、腸内は酸性になり、
酸性に弱い悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内腐敗が防止されているのです。

★加齢により減少する善玉菌


善玉菌と悪玉菌のバランスは、年齢ともに大きく変わっていきます。


赤ちゃんの腸内は、母乳やミルクに含まれる乳糖をエサにして善玉菌のビフィズス菌が多くいます。離乳し成長するにつれて様々な食物を食べることで、善玉菌と悪玉菌のバランスは大人に近いものになっていきます。

ところが、偏った食生活・ストレス・肉体疲労などは、善玉菌を減少させ、腸内菌叢のバランスをくずしてしまいます。

さらに、成年期を過ぎて老年期にさしかかったころになると、ビフィズス菌が急激に減少してしまい、悪玉菌のウェルシュ菌などが増えていくのです。

年をとると、消化機能が衰え、食物が腸内に長くとどまってしまうため、悪玉菌が増殖しやすい環境となっていくためだといわれています。


★ヨーグルトの整腸作用

腸内菌叢のバランスを整えるのに効果的なのがヨーグルトなのです。


ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内に定着することはできないのですが、
腸内の善玉菌を増殖させる働きがあります。


ヨーグルトに含まれている乳糖が腸内にいる乳酸菌のえさになるので、
腸内の乳酸菌を増やしてくれるからです。


ただしヨーグルトがいいからと、過度に食べることはかえって、アレルギーを悪化させたり、大腸がんなどのリスクを高めることにもなりかねませんから、くれぐれも適量を!!


☆★期間限定の送料無料★☆いま注目のケフィアをご家庭でカンタンに楽しめます♪



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.