ヨーグルトの効用 その2  おなかがゴロゴロしない

スポンサードリンク

 

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロ!という人が多くいます。
そのため、「牛乳→腹痛、下痢」というイメージを持たれがちです。


★「おなかがゴロゴロ!」の原因


牛乳に含まれている乳糖は、通常は小腸で分泌されるラクターゼという酵素によって分解され吸収されます。


このラクターゼの分泌量が少なかったり、全く分泌されない人の場合には、乳糖が小腸で分解・吸収されずに大腸で分解され、このときつくられる乳酸や炭酸ガスが腸を刺激するため、お腹がゴロゴロしたり下痢をおこしたりしてしまいます。


このような症状を「乳糖不耐症」と呼んでいます。
「乳糖不耐症」の人は、日本人の5人に1人といわれています。

★ヨーグルトの乳糖


ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、すでに乳糖が30〜40%くらいが分解されています。
乳酸菌により分泌されるラクターゼが乳糖を腸内で分解してくれます。


ですから、ヨーグルトは牛乳が苦手だったり、おなかがゴロゴロとなるなど乳糖を分解できない人でも下痢を起こす割合は少ないのです。


また、牛乳に比べて、ヨーグルトのさわやかな酸味が食べやすいということで、
牛乳を飲めなくても、牛乳の優れた栄養分を摂ることができるのです




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.