食べるヨーグルトと飲むヨーグルトの違いは?

スポンサードリンク

 


最近、液体状の飲むヨーグルトが増えていますが、
固まっている食べるヨーグルトどう違うのでしょうか?


★液状も固形もヨーグルトの基本的には同じ。


「飲むヨーグルト」は、固まったヨーグルトをあらかじめかき混ぜて軟らかくして、
液糖や果汁などを加えて飲みやすくしたものです。


ですから、100g(100ml)当たりの乳酸菌の量はどちらも同じ。
ヨーグルトの効果に違いはないとのことです。


たとえば、


明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン 500g」と
明治ブルガリアのむヨーグルトLB81


のむヨーグルトには甘味がプラスされているだけで、
どちらも厚生労働省に認可されている特定保健用食品なのです。


のむヨーグルトは、手軽にごくごく飲むことが出来るので、
酸味が苦手なかたや、忙しい方にはぴったり!


ヨーグルトの自然な風味や食感を味わいたいならプレーンヨーグルト。
他の食材との組み合わせで、いろんな味わい方が楽しめます。


あなたのライフスタイルに合わせてお好みでどうぞ!!

.



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.