「飲むヨーグルト」と「乳酸菌飲料」の違い は?

スポンサードリンク

 

前回、食べるヨーグルトと飲むヨーグルトは、基本的には同じと言いましたが、
まったく同じではありません。


それは、のむヨーグルトは飲みやすくするために甘さや果汁を加えているために
プレーンのヨーグルトに比べて、同量だと若干カロリーが高めです。


しかも、のどごしがいいので、つい飲み過ぎてしまい、カロリーのとりすぎにも!


カロリー制限が必要なかたは、食べるヨーグルトをお勧めします!

★「飲むヨーグルト」と「乳酸菌飲料」の違い


では、「飲むヨーグルト」と「乳酸菌飲料」の違いはあるのでしょうか?


のむヨーグルトと、乳酸菌飲料とは、
無脂乳固形分(脂肪を除いた乳成分)と乳酸菌の割合が違います。


これは、厚生労働省の乳等省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令
によって定められています。


のむヨーグルトは「はっ酵乳」で、無脂乳固形分が8.0%以上で、
乳酸菌または酵母の生菌数が1,000万個/ml以上と規定されています。


「乳酸菌飲料」とは、はっ酵乳をベースにして液糖や果汁などを加えています。
その規定により、


●乳製品乳酸菌飲料
生菌数1,000万個/ml以上。無脂乳固形分が3.0%以上、8.0%未満

●乳酸菌飲料
生菌数100万個/ml以上、無脂乳固形分が3.0%未満


に分けられます。


栄養面においても大きな違いがあります。


「のむヨーグルト」は、成分的には食べるのヨーグルトとほぼ同じで、
主原料である牛乳と同じか、牛乳より高たんぱく質・高糖質・高ミネラル。


「乳酸菌飲料」は牛乳ではなく、脱脂乳や脱脂粉乳をはっ酵させて、
シロップや水で希釈して製造することが多いため、
糖質以外の栄養価は、牛乳よりも低い値を示しています。


ですから、価格についても、乳酸菌飲料の方がやすいです。


買うときに、品質表示をよく見て選ぶようにしてくださいね。


自分で作るから、毎日続けられる!いま注目のケフィアヨーグルト!     





スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.