ドライマウスではないですか?

スポンサードリンク

 

あなたは、

●口の中がネバネバする
●しょっちゅう水を飲む
●口臭が気になる

ということで、飴をなめたり、ガムを噛んだりしていませんか?


このような口の乾きは、「ドライマウス」という病気です。

今、ドライマウスの患者数が増加していて、推計すると
日本人の潜在患者は約3,000万人にも・・・・・


★ドライマウスの原因


おもな原因は、だ液の減少です。

だ液は1日に1.5リットル分泌されていますが、
加齢によりその量は減っていきます。

だ液は口の中を潤しているだけでなく、抗菌、消化、粘膜保護などの
大切な役割があり、量が減ると全身の健康に大きな影響が出てきます。


★ドライマウスの影響


1.食べ物が飲み込みにくくなる。


ドライマウスの症状がひどくなると舌がひび割れて出血します。
辛味や酸味だけでなく、ふつうの食べものでも刺激になり、
食事をすることが苦痛になってしまいます。


2.強い口臭


だ液が少なくなると、抗菌作用が減少するため、
口腔内に歯周病菌が繁殖しやすくなり強い口臭となります。


2.滑舌が悪くなる


また舌が乾くため、言葉をうまく言うことが出来なくなります。
強い口臭も発生するため、人と会話をすることを避けるようになってしまいます。


3.呼吸器や循環器、糖尿病の引き金に


ドライマウスを放置すると口腔内に歯周病菌が繁殖するが、歯周病菌は口腔内に留まらず全身に飛び火して呼吸器や心臓の病気、糖尿病など重大な病気を引き起こす引き金にもなります。


★ドライマウスを改善する方法

これまで、乾きをとめ、潤いを保つ成分として、
ヒアルロン酸などの保湿成分が使用されてきました。


しかし、保湿成分だけではだ液の減少を補えません。
分泌を促進する成分が必要です。


最近、口腔内のだ液の分泌を促進し、ドライマウスの不快な症状を改善させるとして研究が進んでいるのが、「機能性高分子ポリグルタミン酸」という成分で、納豆の糸を引くネバネバの主成分と同じ成分です。


この「ポリグルタミン酸」を配合した商品が、10月に、ライオンから発売されました。


「デントヘルス マウス ローション」 はトロリとした粘性を持ち、
口の中を気持ちよく潤してくれます。
洗浄成分も配合しているため、口臭が気になる人にも心強い味方です!


低刺激ノンアルコールタイプで、ナチュラルハーブの香味なので、
使用感はさわやかです。


・朝、起きて口の中が乾いているとき

・だ液の分泌量が減る睡眠時の前に

・お出かけするとき、人と会う前に


どうぞ!「デントヘルス マウス ローション」 を使ってみてください!


,




スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.