春の七草で七草粥!

スポンサードリンク

 


,

 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ 
すずな すずしろ これぞ 七草」

古くから歌われてきた春の七草ですが、
どんな植物なのでしょうか?


クリックすると拡大されます。


★春の七草の由来


1月7日の朝に七草粥を食べる風習は、平安時代からあったようです。

清少納言の「枕草子」には、
”七日の若菜、六日、人の持て来……”という一文があります。

正月6日から7日にかけての行事で6日の夜はヒイラギなどの
刺のある木の枝や、蟹のはさみのようなとがったものを戸口にはさんで
邪霊を払い、七草叩きといって、唱えごとをしながら七草を包丁でたたき、
粥を炊き込みます。7日の朝、歳神に供えてから家族で食べると
万病を払うとされていました。

5世紀頃に記された中国の書物には、正月七日に七種の菜で
羹(あつもの=吸い物)を作って食べれば万病にかからないという
風習があると書かれています。

それが日本へ伝わり、七種の穀物(米、麦、粟、稗、黍、大豆、小豆)で
作った七種粥を食べる風習と混同されて、
邪気を払う「七草粥」になったといわれています。


ただし、本来は旧暦の1月7日の行事ですから、年によって違いますが、
1月の終わり頃から2月の後半ですね。
ちなみに、今年は、2月13日(水)になります。

でも、正月のごちそうで弱り気味の胃を休めるという知恵から始まった
という説もありますので、新暦でいただくのもいいのではないでしょうか。


★春の七草は薬膳料理


春の七草は、薬効成分やビタミン類などを含み、体にとても良く、
日本人の知恵が生んだ薬膳料理といえるでしょう。
家族の健康のためにも末永く伝えていきたい行事です。

今は、スーパーでも七草セットが売られていて簡単に手に入りますし、
全種類揃っていなくても、大根やカブ、セリを入れるだけでも
おいしく食べることが出来ますね。

7日には、ご家族で七草粥はいかがでしょう。


★春の七草の植物

昔は、道や田んぼの周りで普通に見られた植物ですが、
最近は、余り見かけなくなってしまいました。


1.せり セリ(セリ科)

湿地で、せりあって生えることからセリと言われるようになりました。
多年草で、夏に小さな白い花が集まって咲きます。
特有の強い香りが食欲をそそります。


2.なずな ナズナ(アブラナ科)

二年草で、冬の間は葉が地面にへばりつくように広がっています。
春に茎が立ち始め、白い十字形の花をつけます。
花の咲いた後の実が逆三角形で三味線のバチに似ていることから
ぺんぺん草とも呼ばれています。


3.ごぎょう ハハコグサ(キク科)

日当たりの良いところにかたまって生える二年草。
草全体が白い毛におおわれており、茎は根元から株のようです。
春黄色の小さな花を茎の先にたくさんつけます。


4.はこべら ハコベ(ナデシコ科)

二年草で、早春の頃、先に小さな白色の花をつけます。
小鳥が好んで食べるのでヒヨコ草ともいいます。


5.ほとけのざ コオニタビラコ(キク科)

田平子(たびらこ)と書きます。
冬、水田などの土にへばりつくように葉を広げている二年草。
3〜5月に直径1センチ程の黄色の花をつけます。


6.すずな カブ(アブラナ科)

ジアスターゼを豊富に含んでいて、消化によいとされ、
古来から盛んに栽培されてきた主要な野菜の一つです。


7.すずしろ ダイコン(アブラナ科)

ビタミンCと消化に良いジアスターゼを含んでいます。
辛味成分で抗酸化物質のメチルメルカプタンやイソチオシアネートが
含まれているので、ガン予防にもなるとされています。
葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれています。

写真はこちらで

★七草粥の作り方


【4人分】
米 ( 1.5 カップ ) 水(7カップ) 春の七草 (1パック)塩( 少々)

1.米は研いでから1時間ほどつけます

2.大き目の土鍋で、ゆっくりと40分ぐらい炊きます

 このとき、かき混ぜないようにするのがポイント。粘ってしまいます。

3.洗って細かく切った七草と塩を入れ、ふたをして5分ほど蒸らします。

大根など硬いものは少し早めに入れるか、あらかじめ下茹でしておきます


★応用


野菜をたくさんとりたい時は、にんじんや三つ葉、ほうれん草、白菜などを
足して野菜いっぱいにしてもおいしいです

コンソメ味で最後にとろけるチーズをぱらぱらと入れる、洋風粥も
こくがあっておいしいです。

冷ご飯を水洗いして、七草をいれ約10分ほど炊けば、
簡単に七草粥(雑炊)になります。忙しい方はどうぞ!!



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.