長生きの秘訣は夫婦喧嘩?

スポンサードリンク

 

,

あなたは夫婦げんかをしますか?

うちはけんからしいけんかをしたことがないので、実感がないのですが、

ヒステリックな声が飛び交ったり、ものが飛んできたり、
ちゃぶ台をひっくり返したり・・・・

そんな場面が連想されます。


でも、この夫婦げんか!実は健康のためによいとの研究発表がありました。

2008年1月24日時事通信によると


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


米国の研究で、夫婦喧嘩は2人の健康のために良いとの結果が出た。
双方が喧嘩をせずに感情を抑えて生活している夫婦は、
少なくとも一方が怒りを爆発させる夫婦に対して死亡する率が2倍に上った。

米ミシガン大学のハーバーグ名誉教授を中心とする研究グループは、
192組の夫婦について、夫婦間でいさかいが起こった場合、
どのようにして解決するかを聞き、17年間にわたって追跡調査を行った。

これまでの研究で、喧嘩を避けようとして感情を押し殺すことは
心臓病や高血圧などストレスに関係した病気を増加させることが分かっていた。
今回の研究は、結婚生活における感情の抑圧やそれに伴う恨みの蓄積が
全体的な死亡率にどう影響するかを調べることに重点が置かれた。

対象となった夫婦には、相手の不当だと感じる振る舞いに直面した際、
どのように対応するかを質問した。

この結果、夫、妻ともに怒りを抑えると答えた夫婦は26組で、
残りの166組は2人とも、もしくはどちらか1人が怒りを表すと回答。

夫婦がともに怒りを押し殺している26組では、
2人のうち少なくとも1人が死亡したのが半数の組に上ったのに対して、
他の166組では26%にとどまった。

そして、17年後に夫婦がともに死亡した率は、
2人がともに怒りを抑えると答えた組がそうでない組に比べて5倍に上った。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


調査結果は、対象者の年齢、喫煙習慣の有無、体重、血圧などを
考慮に入れて調整されたものです。


この調査は、アメリカのものなので、即、日本にも適応されるとは思いませんが
感情を押し殺すことは、健康のためによくないことは事実のようです。


もちろん、夫婦円満が一番ですが、
お互いにストレスのない生活を心がけることが大切ですね!

.



スポンサードリンク


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.