不眠不休は脳にダメージを与える?!

スポンサードリンク

 


連日の寒波で震え上がっています。
はやく、あのぽかぽかと暖かな春の日差しを浴びたいものですね。

人の身体は朝起きて夜眠るようになっています。
もし、そのリズムを崩して、夜に寝なかったらどうなるのでしょうか?


2008年2月16日(土)共同通信 - goo ニュース

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

不眠不休は脳にダメージ 大阪市立大がラットで確認


ラットをほとんど眠らせないようにして5日間活動させると、脳内にあってホルモン分泌にかかわる下垂体の細胞の一部が死んでしまうことを、大阪市立大の木山博資教授らが16日までに実験で確かめた。強いストレスが過剰なホルモン分泌を呼び、細胞が働きすぎて死んでしまうらしい。木山教授は「徹夜勤務が続くなど過労が原因で起きる病気に関係しているかもしれない」と話している。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

最近、よく耳にする過労死の原因もそうなのかもしれませんね。

私の父も現役時代に超過密スケジュールが続いていたときは、
夜が眠れなくて、いつもイライラしていました。

その時に脳の細胞が死んでしまっていたのかもしれません。
躁鬱病になったのもその影響かも・・・(;>_<;)


働き過ぎで、寝ていないあなた!!
あなたの脳は大丈夫ですか?


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.