ネットでニセ薬販売!気をつけて!!

スポンサードリンク

 

最近は、ほとんどのものがインターネット通販で手に入るようになりました。
中には、家や車まであるそうです。

でも、商品や相手業者が直接見えないことでトラブルも多く発生しています。

こんな怖いニュースがありました。

2008年2月16日(土)時事通信 - goo ニュースによると

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

ネットで堂々、ニセ薬販売=「アフィリエイト方式」要注意


バイアグラやタミフルなど処方薬の偽物が、純正品と称してウェブサイトで販売されていることが、16日までに分かった。同種サイトはほかにも多数あるとみられるが、規制は困難。品質や製造環境が不明なだけに健康被害の恐れもあり、関係者はインターネットでの医薬品購入に警鐘を鳴らしている。

 このサイトは、米食品医薬品局(FDA)が偽造医薬品販売の可能性があるとして、消費者向けに警告を発した24サイトのうち、唯一の日本向けサイト「アイ薬」。「純正品のバイアグラ」として販売しているものは最近、偽物と確認された。

 特徴的なのは、「アフィリエイト」という販売促進手法を取っている点。健康食品や医薬品などの個人輸入代行業者と提携し、それぞれのサイト経由で注文を受けた分、売り上げの一部を還元する方法だ。利用者は知らずにアイ薬の商品を買うことにもなる。

 厚生労働省も存在を把握。許可なく国内向けに広告・販売していることが薬事法に触れるとして警告メールを出したが、「場所が分からないので手を出せない」(監視指導・麻薬対策課)のが現状だ。 

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

「アフィリエイト方式」はあまり耳慣れない言葉ですが、御存じですか?


インターネット広告の一種で、販売会社が個人のホームページや
ブロクなどと提携して広告を掲載し、そこからの売上の一部を
個人に支払うというシステムです。


この「アフィリエイト方式」は決していかがわしいものではありません。
個人の広告代理店のようなもので、正式なビジネスです。


でも、見えない世界でのことなので、これを悪用する人が多いことも事実ですし、
警察の取り締まりも難しいようです。


インターネット通販で購入するときは、まず、商品が信用できるもの。
購入先がわかっていることなどを必ずチェックしてからにしてください。


特に、健康食品や医薬品など直接口に入るものには十分気をつけてください。


.


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.