はしか!今年も大流行の兆し。

スポンサードリンク

 

もうすぐ、3月。すぐに、入学、進級のシーズンがやってきます。
新しい門出の人は期待でワクワクですよね。


でも、うれしいことばかりではありません。

昨年は、はしかは、10〜20歳代で大流行し、
多くの高校や大学が休校する事態となりましたね。

先日も、昨年、米国で流行したはしかの感染源が、米国に遠征試合に出掛けた日本の
少年野球の選手だったという報告がありました。

今年は、その予防のために早めの対策が叫ばれています。。


2008年2月27日産経新聞 - goo ニュースによると、

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

はしか2000人突破 南関東中心、拡大も


全国のはしか患者の報告数が今年に入って約2200人に上り、
南関東を中心に流行の兆しが出ていることが、国立感染症研究所が
26日まとめた速報値で分かった。


研修所では「はしかの流行期は春から夏にかけて。
現状のままでは3月から4月にかけて流行がさらに拡大する可能性が
高い」として、ワクチン接種を呼び掛けている。


速報値によると、年初から2月17日までに報告された患者は2119人。
地域別にみると神奈川県が807人と突出して高く、次いで福岡県280人、
北海道223人などと続いている。


神奈川県の流行は、2月に入って、東京都、千葉県、埼玉県といった
南関東全域に広がりを見せており、感染研で注意を呼びかけている。


年齢別では15〜19歳が24%、10〜14歳が23%と、
10代の若者による感染が全体の半数近くを占めた。
感染者の半数以上が過去にワクチンの接種歴がなかった。


はしかは昨年、10〜20歳代で大流行し、
多くの高校や大学が休校する事態となった。


そのため、厚生労働省は今年から全国の医療機関に、
はしか患者をすべて報告するよう求めている。
また、今年4月から5年間、中学1年と高校3年生を対象に、
ワクチンの予防接種を行うことを決めている。


日本のはしか対策は世界各国に比べて遅れており、
医療関係者の間では深刻な国際問題にもなっている。


*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*



スポンサードリンク


はしかの自然発生がほとんどなくなった最近では、
1歳の頃、受けた予防接種の効力は、もうなくなっているとのことです。


http://blog2.doremi3.com/2007/05/post_101.html
はしかの予防接種は2回必要?


春休みには、旅行に出かける機会が増えますね。


該当する年齢のお子さんをお持ちのご家庭は、
医師に相談して、抗体がなければ、早めに予防接種をする事をおすすめします。


Powered by Movable Type 3.34  Copyright(C) 2006-2009 最新健康情報〜身体にいいこと〜Allrights reserved.